スノボ女子デビュー!SNS映えするかわいい自撮りテクも伝授

東京から約1時間半。スノーボード初心者にぴったりなゲレンデがあるらしい。

ということで、スノボがまったく滑れないわたし、マツオカミキは、いつものようにフラッとひとりで新潟県にあるガーラ湯沢へ向かっております。

スノボはこれまで2回やったことがあるものの、まったく滑れず。ただただ雪と戯れるだけだったわたしが、もしもガーラ湯沢で滑れるようになったとしたら……コレはもう「初めて」にぴったりなこと、間違いないでしょう!

しかもスノボ関連グッズは、なんにも必要ないらしい。ということで、この軽装で家を飛び出しました。

軽装、身軽に出かける筆者

「友達の家にお泊りしてきます!」くらいの身軽さ。

スノボって、こんなに気軽に行っていいの?

駅直結! 移動もなし、軽装でOK

上越新幹線で寝ていたら、あっという間にガーラ湯沢駅に到着。駅直結とは聞いていたけど、ここまですぐだとは思っていなかった……!

改札の目の前にガーラ湯沢

改札を出たら、すぐガーラ湯沢。

バス移動があったりするとそれだけで疲れるので、ありがたい!

ガーラ湯沢のレンタルカウンター

レンタルカウンター

スノボに必要なアイテムは持っていないので、フルレンタルすることに。レンタルは事前にWeb予約をしておけば、当日カウンターで受け取るだけ。あまり並ぶことなくスムーズに受け取れるので、絶対Web予約がオススメ!

ゴンドラ

着替えたら、ゴンドラでゲレンデへ。

ボードの装着方法から教えてもらえる充実レッスン

ウェアに着替えてゲレンデに

ゲレンデに到着!

雪の予報だったんだけど、ちょっとだけ晴れ間が! 滑れるようになるかな? ドキドキするー!

ボードで立つことすらできないわたしは、スノーボードスクールで「初めてレッスン2時間コース」を受講。「初めてレッスン」と「初級レッスン」それぞれ1時間のレッスンを2回受けました。

スノーボードスクールの看板

まずは「初めてレッスン」から。

ボードの装着方法やリフトの乗り方など、最初から丁寧に教えてもらいます。

スノボを教える先生と生徒

赤と青のウェアが先生。

1グループ10人程度になることが多いそうですが、この日は平日だったこともあって参加者はわたしを含めて5人。ちなみに5人中3人が一人で参加していました。滑れる友達と来て、自分だけスクールに参加するなんていうのもアリなんですね!

「初めてレッスン」では、初心者コースを滑ります。最初は左右にスライドしながら降りていく「木の葉」というゆっくりとした滑り方を習得するのが目標。

滑り方の手本を見せる先生

まずは先生の見本を。

先生と滑る筆者

うわあぁぁぁああぁぁ

尻もちをついた筆者

ズドンッ

立っては転び、立っては転び……。しかし先生の的確なアドバイスで、ちょっとずつコツをつかむ。

木の葉ができた筆者

木の葉、できたよ……!

へっぴり腰だけど、木の葉でコースの下まで降りてこられました!

ちなみにガーラ湯沢はビギナー向けのコースが多いので、誰でもガッツリ楽しめます。なにせ、これまでまったく滑れなかったわたしが初心者向けコースを降りることができたぐらいですからね!

1時間のレッスンはあっという間。先生が「スノボ楽しい! って思ってほしいんです」と言っていたとおり、楽しいと思っている間に上達できる楽しいレッスンでした!

初級者レッスンではターンの練習

「初めてレッスン」でとりあえず木の葉を習得し、午後は「初級者レッスン」を受講。

初級者レッスンでは、先ほどの木の葉に加えて、ターンを習得することが目標です。

ターンのポイントを教える先生

ターンのポイントを教えてもらう。

ちなみにレッスンの内容は、参加者のレベルによって若干変更しているそう。「マツオカさんはセンスがいいので、すぐにターンもできるようになりますよ!」と持ち上げ上手の先生。「そ、そうですか?」とおだてられて木に登るわたし。

ターンを練習する筆者

指をさしたら、そっちに向かう……!

ターンを失敗して転ぶ筆者

ズドンッ

ま、最初からそんな簡単にうまくできるはずもなく、転倒、転倒。

ターンを練習する筆者

おっ、ちょっと滑れてるんじゃない?

しかし先生のサポートもあって、ついにターンが成功! 一回できれば自信がついて、成功確率がどんどん上がっていきます。

レッスン後、もう体はヘトヘト。感覚を忘れないうちに少し復習して、初日は終了。ゴンドラで下山し、無料のシャトルバスでホテルへ。

ホテルはもちろん温泉付き。ゆっくり浸かって今日の疲れをほぐします。

くつろぐ~。

景色を見る余裕が出た2日目

2日目に自分で立てた目標は、ターンがスムーズにできるようになること。昨日教えてもらったことを思い出しながら、ひたすらチャレンジ。

ターンを練習する筆者

行きたい方向を見る。絶対下を向かない。

今日は景色を見る余裕があります。

雪深くなったゲレンデ

景色……

……顔を上げても、視界が残念。なにせこの日は警報が出るレベルの大雪。晴れていれば遠くの雪化粧した山々がきれいに見えるそう。次は見られますように!

余裕が出てきたので、自撮り写真なんかも撮ってみたり。

自撮りをする筆者

ゲレンデってかわいさ2割増しぐらいになるよね!

突然ですけど、「JR SKISKI」の女の子の広告がかわいすぎて、過去の広告を見て研究してみたんです。かわいい写真のアングルには、3つ共通点があることに気づきました。

・ボードを顔の近くに持ってきて、小顔効果
・雪に顔を近づけて、レフ板効果で美肌
・「自分を見てた男子と目が合っちゃった」みたいな流し目

SNS用の写真を撮るなら、この3つを押さえれば「JR SKISKI」風の写真が撮れるかも?

レストハウス「チアーズ」

ランチや疲れた時の休憩は、レストハウス「チアーズ」で。

ガーラ湯沢はご飯やスイーツの種類が豊富です。女子ならやっぱり、かわいくスイーツですよね!

クレープ

疲れた体に甘い食べ物が染みる~!!

マリオンクレープガーラ店

原宿にあるマリオンクレープが、ガーラ湯沢のゲレンデにも!

スイーツも美味しいけど、疲れた体はガッツリ系も欲している!

フードコートのカレー

ゲレンデ飯、おいしい~!

フードコートにはピザ、パスタ、カツ丼、新潟名物のタレカツ重ほか、沖縄のアイスクリーム専門店「ブルーシール」なんかもありました。

そういえば来る前は「滑る時はなるべく身軽な方がいいと思うけど、お財布とかどうするんだろう?」と心配していたんですが、ガーラ湯沢では、食事やスクールなどの施設内のお会計がSuicaでできるんですね。

Suica

Suicaで身軽に楽しめる

初心者コースをクリアしたら、初中級者コースへ!

おなかも満たしたし、あと一滑りして下山することに。ターンの完全習得とまではいかなかったけど、だいぶコツはつかんだので、最後に「初中級者コース」にチャレンジしようかな?

ガーラの初中級者コース

こ、これが「初中級者コース」……。

「初心者コース」とは、全然傾斜が違う。そして、大雪のため頂上が見えない……!

唖然とする筆者

いやいや、いやあ……

……うん、もう一度「初心者コース」を滑って、終わりにしよう! スクールの先生も「楽しいと思ってもらうのが一番!」って言っていたし。もうちょっと「初心者コース」で自信をつけて、次に来た時は「初中級者コース」にチャレンジしたいと思います。

新幹線に乗る前に、スパで疲れを癒す!

帰りの新幹線よりも1~2時間早く下山するのがオススメ。なぜなら、駅直結のスキーセンター「カワバンガ」にはスパがあるからです!

ガーラの湯

カワバンガの3階「ガーラの湯」

ガーラ湯沢のスパ

温泉で冷えた体を温め、疲れた体を癒やし、リフレッシュして帰る。これもガーラ湯沢が女子にオススメなポイントでもあります!

スパ「ガーラの湯」では、疲労回復効果のある温泉はもちろん、水着があれば雪を見ながら露天ジャグジーや温水プールにも入れます。雪を見ながらプールって、なかなか斬新! 温泉にはジェットバスもあって、筋肉痛の足もほぐれる~。

大人は1,300円ですが、15:00までに入れば割引で1,000円になります。水着のレンタルは500円です。

スパのある施設「カワバンガ」には、イタリアンのレストランもあります。雪を見ながら、最後のお食事。

ペペロンチーノ

疲れた体がさらにパワー系の食べ物を欲していたので、にんにくたっぷりのペペロンチーノを食べました。それと、「カワバンガ」にはお土産屋さんもあります。

カワバンガの土産物店

ゲレンデは駅直結で、しかも温泉もお土産もあるって、ラクちんで最高!

ホワイト柿チョコと笹だんご

新潟の人気土産「柿チョコ」と「笹だんご」を購入。我慢できずに帰り道で食べちゃいました~。

それにしても今回のスノボ旅では、まったく滑れなかったわたしでさえターンまでできてしまった。やっぱりガーラ湯沢は、ウワサ通り初心者女子にぴったりのスキー場でした!

東京からたった1時間半ぐらいで来られるのなら、今度は友達と一緒に来たいな。その時はターンを完璧に仕上げて、カッコよく滑りたいと思います!

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

SKI&SNOWBOARD2017-2018
びゅうたび総選挙