真夏なのに涼しい!東京から2時間弱の谷川岳ハイキングが最高すぎた

谷川岳へ気軽な日帰りハイキング。初めての群馬は最高にエモかった

みなさん夏は好きですか?

私は大好きです。花火にプール、スイカにBBQ。夏服も好きだし、フルーツもりもりのかき氷も最高〜〜! ただし猛暑、テメーはダメだ。

なんなんですかね、この暑さ、本当にツライ!

せっかくオシャレをしても、家を出て5分でメイクはドロドロ、ものすごいスピートで体力が失われていく……もうそうめんしか食べられない……。

避暑地に……避暑地に行きたい……!

そんな中、びゅうたび編集部から「群馬」への取材要請が!

群馬といえば……温泉……?

「夏の温泉もオツでいいっすね〜風呂上がりに涼しい部屋で花火見ながらビール飲めたら最高〜〜」なんて浮かれていたら、なんと、テーマはハイキング。どひゃ〜〜〜〜!

行き先は群馬県にある「谷川岳」

というわけで今回向かうのは、日本百名山のひとつで、群馬と新潟の県境にある三国山脈の「谷川岳」、標高1,977m。

話を聞いてみると、どうやら「夏のハイキングにぴったりな涼しい場所」とのこと。

真夏のハイキングで涼しいって、どういうこと!? 炎天下の山道を歩くんだよね?? 混乱しながら迎えた当日は、真夏の太陽がギラつくド快晴。

ということで、真相を確かめるべく、行ってきました!

東京から1時間!新幹線で上毛高原駅へ

AM6:00 東京駅。

新幹線に乗り遅れたらやばいと思い、早めに到着。早起きは苦手だけど、こんだけ朝早いと涼しいもんなんですね。

東京駅で買った駅弁

東京駅で買った駅弁。いくらとカニごろごろ。

出発まで、たっぷり時間があるので、駅弁を買うことに。

JR東京駅は、駅弁の種類がまーじで多くてウキウキします。カニ大好き、いくら大好きなので北海うまいもん弁当をゲット。

が、しかしここで事件が。

東京駅新幹線ホーム

東京駅新幹線ホーム

駅弁購入後、まだまだ時間があると待合室でぼけーっとしていたら、新幹線を逃しました。ウソでしょ〜。早起きした意味。

次の新幹線は1時間後…早くも絶望。

まぁ、ハプニングを含めて旅行でしょう。落ち込んだらおなかがすいたので、山で食べるはずだったお弁当を待合室で食べることに。

東京駅で買った駅弁

東京駅で買った駅弁、これは優勝

絶望からの復活、大勝利。

やっぱり駅弁は旅行感が出て、テンション上がります。よっしゃ、もう旅行は始まっているんだ。

東京駅新幹線ホームのMaxとき

東京駅新幹線ホームの上越新幹線Maxとき

AM7:48、気を取り直して再出発。今回は「上越新幹線 Maxとき305号」に乗ってJR上毛高原駅を目指します!

上越新幹線Maxときの車内

上越新幹線Maxときの車内は2階建て!

2階建ての新幹線って、ワクワクが止まらない…。

景色が最高、贅沢バス!

約1時間で上毛高原駅に到着。わーい、初めての群馬だ! ここからは「谷川岳ロープウェイ」行きのバスに乗って約50分、谷川岳を目指します。

駅前でウロウロしていたら、外で休憩していたタクシーの運転手さんが声を掛けてくれ、親切に乗り場を教えてくれました。駅の売店のお姉さんもそうでしたが、群馬の方は雰囲気が柔らかくてとても親切。

上毛高原駅の関越交通バス

上毛高原駅の関越交通バス(最高にエモい)

そして、早速バスに乗り込んだら…どひゃ〜〜〜!

関越交通バスの車内

関越交通バスの車内

レトロな発券機に、くたっとして少し色あせた座席。
最高にエモい……。

関越交通バスの車内

関越交通バスの車内

あれ? 私、群馬が地元だっけ? このバスで3年間高校に通って、初めてできた彼氏と手をつないだのもこのバスの中だっけ??? と思わず記憶をたどってしまうほどの故郷感。※群馬に来たのは初めてです

関越交通バスの車窓

バスの車窓から、目的地までずっとこんな感じ

ちなみに、バスからの景色もとんでもなかった。途中にあった川もめちゃくちゃきれいだったな。この時点でかなり群馬に魅了されて、オートモードしか使えないカメラを振り回す。

谷川岳のロープウェイで空中散歩

すでにかなり満喫している感がありますが、本番はここから。

谷川岳ロープウェイの乗り場、土合口駅

谷川岳ロープウェイの乗り場、土合口駅に到着!

冬季はスキー場として運営している、こちらの谷川岳ベースプラザ。オフシーズンはハイキングコースとして利用されているのです。

長いなが〜〜〜い廊下の先にある、真っ赤なゴンドラに乗って、いざ谷川岳へ!

谷川岳ロープウェイのゴンドラ

谷川岳ロープウェイのゴンドラ、順番に乗り込んでいきます

ゴンドラからの景色は、こんな感じ…!
ああああ、心がすーーーーーっと癒やされていく。大自然は正義。

谷川岳ロープウェイのゴンドラ

谷川岳ロープウェイのゴンドラ

空の青さと一面の大自然が、すっごく夏だ。圧倒的夏休み感。

初心者でもOK!谷川岳がおすすめの理由

谷川岳天神平に到着!

谷川岳天神平に到着!

ゴンドラで上がりきった先は、もう絵の中にいるみたいな景色。あっちもこっちもいい景色。

ここからはハイキングコースがあって、“ニッコウキスゲ”に“クルマユリ”といった草花をめで、季節を感じながら頂上を目指します。

谷川岳天神平の自然と草花

谷川岳天神平には、真夏でも草花がたくさん…!

くうぅ〜、ついにハイキングか! 気合! 押忍!!

と思っていたら……

谷川岳天神平のスキーリフト

谷川岳天神平のスキーリフト

スキー用のリフトが動いている〜〜〜〜!

ここ谷川岳は「歩くのはちょっとねぇ〜、でも自然は大好き」という人(私)のための楽園だと確信。

※ちなみに、このハイキングコースは難易度「★1」の初心者向けだそう

谷川岳天神平のスキーリフト

谷川岳天神平のスキーリフト

これ……伝わってますか!?
夏のリフトって、めっちゃくちゃ気持ちいいんですね……

ちなみに、こんなに高い所を運転しているように見えますが、実は地面からの高さはこんな感じ。

谷川岳天神平のスキーリフト

谷川岳天神平のスキーリフト

雪がないぶん、オフシーズンは高さを下げてあるそうな。これならお子さんも安心、運動神経皆無の私も安心。

頂上からの絶景に、暑さも忘れそう!

リフトに乗ること約7分、いよいよ頂上に到着。

もうね、さっきリフトに乗る前から薄々気がついてはいましたが…めっちゃ涼しいの!!!

温度計がなかったので正確な気温はわかりませんが、体感で明らかに違いがわかるくらい。だってここは標高1,502m!

天神峠の山頂

天神峠の山頂からの景色(左:展望台)

頂上には周囲の山を一望できる展望台や、軽くハイキングできるような道が整備されています。

谷川岳

天神峠の山頂より

ハイキングしている人たちが見える。気持ちよさそう。

天神峠展望台

天神峠展望台より

絶景ポイントをバックに写真が撮れるよう、カメラ台が置かれたフォトスポットがあったり、鳥居があったり。

天神峠展望台の鳥居

天神峠展望台そばの鳥居

これは、完全に心が安らぐ。空気がおいしいってこういうことだなあ〜と、思う存分、山の空気を吸ってきました。

天神峠

天神峠展望台

ここでお弁当食べられたら最高だったのですが、残念ながらうっかり朝東京駅で食べてしまったので、リフトで天神平に降りてレストランへ。

谷川岳天神平のレストラン

谷川岳天神平のレストラン

スキー場で食べるカレーとかラーメンって、やけに美味しく感じませんか? まさにそれです。

山を眺めながら、うどん食す。これこそが真の贅沢。

谷川岳天神平のレストランのうどん

山を眺めながら、つめた〜いうどんを食す

そうこうしている間に、帰りのバスの時間に…! 再びロープウェイに乗って、バスへ。

これを書きながらすでに、「次行くときは、帰りに温泉に寄るのもありだなぁ」なんて考えてしまうほど、日帰り谷川岳に大満足。

上毛高原駅の関越交通バス

上毛高原駅の関越交通バス

帰りの新幹線が東京駅に到着。ホームに降り立った瞬間「あっつ…」と思わず声が出てしまう蒸し暑さ。たった数時間の移動で、こんなに変わるなんて。

夏なのに涼しくて、初めてなのに最高にエモい。
東京から日帰りで行けてしまう群馬の谷川岳。

ひとりでも、カップルでも家族でも。
この夏のプチ旅行に訪れてみてはいかがでしょうか。

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

旅の情報を日々発信中!

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

旅の情報を日々発信中!

列車で行く秋旅!紅葉旅行・ツアー2018
びゅう30周年記念!大感謝祭 Late Summer