秋の旅は飛騨高山&白川郷に決まり。母と娘の旅って最高!

飛騨高山と白川郷をめぐる母娘旅。平成生まれの娘も満足のレトロな街へ

母には、若い頃から憧れていた場所があった。
それは、白川郷――。
テレビや写真で見ていて「行ってみたいなー」とずっと思っていたのだが、今までの人生で白川郷はもちろん、飛騨高山方面に出張の機会はなかった。

白川郷の風景

それならばプライベートの旅行で行けばよかったのだが、我が家の家族旅行には常に小学生がいたため、必然的に海やプールがメインの旅に。小学生に白川郷は、あまりに渋すぎる。

しかし、気づいたら長女チアキはもう中学二年生。そろそろ、‟古き良き日本のかほり”がわかるお年頃なのでは? と思い立ち、私は「母娘二人旅」を再び提案したのだった。

が、
「白川郷? なにそれ?」
と、相変わらず我が家のJC(女子中学生)はそっけない。写真を見せても「へー」ってな感じだ。

しかし、ここで諦めては私の長きにわたるビジネスウーマン人生が否定されることになる。母は、飛騨高山のレトロな街並み、美味しいスイーツや飛騨グルメの数々をスマホ片手に鬼プレゼン。とどめには、
「この場所は、ある映画の舞台になったと言われている。それは、『君の名は。』だ」
と、以前家族みんなで観た映画名で畳みかけた。

すると、
「キミのゼンゼンゼンセ?」(※『君の名は。』主題歌の有名なフレーズ)
と、反応が。

私は指を立てて長女にザッツライトを伝え、次に
「君の前前々世から僕は 君を探しはじめたよー♪」
(前前前世/作詞・作曲:野田洋次郎)とサビを歌い、長女を笑わせた。

その時、「クライアント(長女)が落ちた」という確かな手ごたえを、母は感じたものだった。

かくして、我々は飛騨高山&白川郷、1泊2日の母娘旅へ繰り出すことになる。


【行程】


【母娘旅】飛騨高山&白川郷でレトロ散歩

白川郷をバックに立つライター川崎

白川郷がちらっと見えて、いきなりテンションの上がった46歳

東京駅から北陸新幹線で約2時間10分かけて、富山駅へ。
JR富山駅からバスに乗って高山市内へ向かう途中の休憩所で、まさかの「白川郷チラリズム」。旅程では、明日が白川郷へ行く日なので、ぐっと我慢してバスに戻る。

「待ってろよ! 白川郷!」

と、窓の向こうにつぶやく母、いつになくハイテンションな母に、JCはただただ冷ややかな視線を投げかけるのであった。

まずは飛騨牛で腹ごしらえ

飛騨牛の握り寿司

まずは飛騨牛で腹ごしらえ

高山市に着いた途端、長女は空腹を訴えた。
「観光の前に、まずは腹ごしらえ」ということで、JR高山駅から徒歩約15分の場所にある、「飛騨 こって牛」に直行する。
お寿司も肉も大好きな長女は旺盛な食欲で、
「ママ、これやばい!」
と言いながら平らげた。この「やばい」の意味は、よくわかる。飛騨牛最高ランク「5等級」の握り寿司は、いくらでも食べられるぐらいあっさり。それなのにお口の中で贅沢にとろけるの。ダイエット中の女子の皆さんは、食べすぎ注意ですよ!

飛騨こって牛の中庭

「飛騨こって牛」は、店の入り口で注文して、奥にある素敵な中庭でも食べることができる。ビールありますので、お父さんたちもぜひ!

長女、初の人力車で、さんまち通りを散策!

長女が人力車に乗ったことがないというので、飛騨こって牛のお店から徒歩2分ぐらいの所で乗車! 私たちを乗せてくれたのは、飛騨高山・観光人力車「ごくらく舎」の女性の車夫さん。初めてだわ、恐縮してしまうわで、普段は厚顔(こうがん)な長女が、この旅で一番ひるんでいた。

さんまち通りと人力車の女性車夫さん

和の街並みが美しいさんまち通りと女性車夫さん

でも、車夫さんがさんまち通りや高山市のことをたくさん教えてくれて、自分たちだけで回るよりずっとずっと楽しかった。意味や歴史を知らないで見るのと、知識があった上で見るのでは景色が違うということを、長女はこの人力車体験で会得してくれたのでは? と母は勝手に思っている。

さんまち通りの木造建築との軒下の植物

あちこちで見ることができる、木造建築と植物のコントラストにうっとり

お土産屋さんで売られているラムネ

目にも涼しいお土産屋さんのラムネとか。販売中

それにしても、さんまち通りは最高だった。
土産店やスイーツ店など、たくさんの店が軒を連ねている。食べ歩きにも最適で、甘いものとしょっぱいものの無限ループが胃をじわじわ拡張させてくれる。要は、美しい街並み、買い物、美味しいものという、女たちの欲望(年齢問わず)を、この街はがっつり満たしてくれるのだ。「〝飛騨高山観光名所ナンバー1”の看板に偽りはなし!」と、母はうなった。

レトロなパッケージの薬が並ぶ

レトロな薬屋さんのシャレオツな薬たち。思わず「ケロリン」を購入

組紐を持つ長女

飛騨高山まちの体験交流館では、組紐作りを体験できる。組紐は『君の名は。』でおばーちゃんが作っていた記憶が。教えてもらいながら上手に作れて満足げな長女

さんまち通りの散策を終え、この日は高山駅周辺のひだホテルプラザにチェックイン。夕食はフレンチで再び美味しい飛騨牛を。夜景の見える天空大浴場で温泉を堪能して、ぐっすり休んだ2人であった。

『君の名は。』の聖地、日枝神社へ

翌日は、高山駅からタクシーに10分ほど乗車。『君の名は。』に出てくる神社では? といわれている日枝神社へ。映画公開時は参拝者であふれていたそう。樹齢推定1000年の大杉もあり、マイナスイオンが半端ない荘厳な神社。

高山の日枝神社の鳥居

日枝神社にお参りする長女

娘は、「あれも!」「ここもそうじゃね?」と、映画『君の名は。』のシーンを神社のあちこちに当てはめては喜んでいた。最後はちゃっかりしっかりお参りしてお願い事を。

いざ!憧れの白川郷へ

日枝神社からタクシーで約10分、高山濃飛バスセンターへ移動し、濃飛バスに乗って約50分、とうとう憧れの白川郷へ。

白川郷の風景

あいにく小雨が降っていたけど、雨の白川郷もまたしっとりと美しいのであった

白川郷をバックに写る長女

見るものすべてがインスタ映え! それが飛騨高山&白川郷!

白川郷内にある山本屋さんのおそば

美味しそうなおそば屋さんがいくつかあって、私たちは山本屋さんへ。コシと香りのあるそばが美味美味♪

白川郷の湯の建物外観

白川郷を散策し尽くした後は〆の温泉へ。「白川郷の湯」の露天風呂やスチームサウナで汗をかいて「極楽~♪」を連呼する、おっさん同士みたいな母と娘

白川郷は、長年想像していた以上に幽玄(ゆうげん)で美しい所だった。
外国人観光客と一緒になって、私も「アメージング! アメージング!」言いっぱなしだった。

そして、どうして私が白川郷にあんなに憧れていたのか、実際に来てみてわかったことがある。私には(長女にも)子どもの頃、「田舎のおじーちゃんおばーちゃんの家」がなかった。だから、友達の夏休みの話を聞いたり、昔話を読んだり、「ふるさと」という曲を聴いたりした時に繰り返し思い描いてきたのは、絵本の中のようにデフォルメされた「田舎の里」で、それは白川郷そのものだったのだ。

白川郷を後にする時、もうひとつ昔から引っかかっていたことがあって、それを長女に聞いてみた。
「ふるさとっていう童謡さ、『山はあおき故郷、水は清き故郷』ってあるじゃない?水が清きはわかるんだけど、山って青くないよね? 緑? 茶色? なんで青いのかなぁ」

長女は、「さあ? しらねー」と言って、帰りのバス停の方角へすたすた行ってしまう。相変わらずそっけないJCだぜ!

そして、「最後の一枚撮るよ!」と言ったら、長女は毎年夏にパレードで踊るサンバのキメポーズで対応。

サンバのキメポーズ

帰りの新幹線の中、今回の母娘旅を振り返って思ったことは、「飛騨高山&白川郷」は1泊2日ではとても回り切れないということで、観光名所も見足りないし、ご当地グルメも食べ足りてない。それぐらい、母娘にとって魅力的なものがあふれている場所だった。

いつか、今度は次女も連れて、もう一度リベンジしたい。その時は3泊ぐらいしたい! と、野望をメラメラさせていたら、

「ママ! 見て!」
と、窓側の長女が写真を撮りながら興奮している。

「ママ、虹だよ!」
見ると本当に、進行方向に、きれいな虹がかかっていた。

北陸新幹線の車窓から見えた虹

北陸新幹線の車窓から見えた虹

「あと、ママ!山が青いよ!」

見ると、夕日が沈む前の山々は見事に青いのだった。

「よかったね、ママ♪ 青くて」

と、普段そっけないJCが、この時ばかりは弾んだ声でそう言った。

ああ、本当だね。
山は青かった。
そんなことを、アラフィフになって知ることができるなんて。
子どもの頃思い描いていた景色を、将来自分の娘と一緒に見ることができるなんて。

人生も、旅も、思いがけないことがいっぱいで、
だからこそやっぱり、

最高に面白い。

Alt:ライター川崎と長女のツーショット

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

旅の情報を日々発信中!

旅の情報を日々発信中!

列車で行く秋旅!紅葉旅行・ツアー2018
新幹線で行くスキー&スノーボードツアー