温泉から見るご来光&渓谷ハイキング&絶品パフェに癒やされる山梨旅

温泉から見るご来光&渓谷ハイキング&絶品パフェに癒やされる山梨旅

「身ひとつ」

鹿児島の仕事終わり、東京への飛行機内で、脳にぼや~と浮かんでいた言葉。

はじめまして、祝茉莉です。携帯の電波が入らない新潟の山奥で生まれた私の夢は、銭湯を経営すること。
その夢に向かって突っ走り、めまぐるしく輝くきらびやかな街を、ラメの靴で走り過ごす日々。
街を歩いて思う。山が……ない。見渡す限りの建物たち。

田舎も都会も両方好きだけど、やっぱり自然に会いたくなる時があるのです。
自然が足りない~! 山に会いたい~! 目いっぱい美味しい空気吸いたい~~~~~~!
そんな欲で脳があふれていた矢先、

「ハイキングして、温泉に入って、旬のぶどうのパフェを食べませんか?」というお誘いが。

私はラメの靴から歩き慣れたスニーカーに履き替え、パンパンのリュックを背負って山梨へと向かいました。


【行程】


特急あずさのホーム

どんな場所で、どんな人と出会って、どんな景色に出会うのか、まだ見ぬ旅先のチケットは光。

8:30のJR新宿駅発「特急あずさ7号」に乗車。

特急あずさの車窓

1時間ほど走ると、どんどん景色は緑が多くなり、私の都会スイッチもOFFになっていきました。

西沢渓谷トレッキングは初心者でもOK!

列車に乗り、窓の外を眺め、心のままに写真を撮っていたら、あっという間にJR山梨市駅に到着!
1時間半列車に乗っただけで、こんなに楽しい時間を過ごせる旅はすごい! と興奮しながら足早に改札を出ると……

山梨市駅の外観

駅のお手洗いが、フルーツのステンドグラス! さくらんぼに、もも!
フルーツ王国山梨だぁ~! と思いながら西沢渓谷に向かうバス停を探していると、さらなるフルーツが。

山梨市駅にあるぶどう

ん! ぶどう! 旬のぶどうがお出迎え!
駅の周りにはこのようにぶどうがたくさんなって、うるうると実をつけていました。

山梨市駅から西沢渓谷線「西沢渓谷入口方面行」のバスに乗車。

西沢渓谷線のバス車内

約1時間バスに乗り、「西沢渓谷」到着!
この木彫りのお狐さんが、西沢渓谷のスタートの目印!
※トイレはここから1キロ先と、およそ2キロ先の中間地点のみなのでご注意を。

西沢渓谷の入り口

西沢渓谷は一周約4時間のコース

西沢渓谷のマップ

西沢渓谷には遊歩道が設けられ、気軽なトレッキングにはぴったり。道沿いには日本の滝百選にも選ばれた「名瀑・七ツ釜五段の滝」をはじめ、三重の滝、竜神の滝、恋糸の滝、貞泉の滝などさまざまな滝があり、滝と山と光の織り成す景色を楽しめます。

西沢渓谷の自然

西沢渓谷の自然 滝

西沢渓谷の自然

西沢渓谷の自然 森林

一歩一歩足を進めるたびに、緑……緑緑光緑……光。
取材日は10月の1週目だったので、紅葉にはまだ早く、青々と力強く、植物たちが光を浴びていました。
(紅葉は例年10月中旬~11月上旬)
これ~~~~。この感じ~~! と満たされながら、どんどん進みます。

西沢渓谷の自然 山

山の間から向こうの山が見えたり、

西沢渓谷の自然 滝

滝に小さな虹がかかっていたり……

西沢渓谷の自然

きのこも生えてた!
よくばぁ(祖母)が家の裏のキノコ採って、けんちん汁作ってくれたなぁ…。

「お姉ちゃん、登るの早いね!」

無心でどんどん進んでいると、ほかの登山者さんに声をかけられました。そうなんだ! と思ったけど、きっと新潟の山で、ばぁと毎年山菜採りをしたからかな? と思いました。
私は高校生、ばぁは77歳。腰の曲がった小さいばぁは山を登るのが私より早く、登りながら、「これは椿、これは桑の実。これはぜんまいの偽物だから採らんでいいよ~」などと説明してくれました。
背中の小さくなるばぁを見ながら、私はいそいそと山菜採りをしていました。

一人で自然の中にいると頭がシンプルになるのか、昔のことをよく思い出しました。

西沢渓谷 よもぎ餅

中間地点に着いて、「西沢渓谷入口」バス停前のお店で売っていた無添加よもぎ餅を食べました。その土地の美味しいものをその土地で食べられることは、なんという贅沢。ぺろりと平らげました。

結局、約4時間かかるはずのルートを3時間弱で歩き終え、西沢渓谷の美しく温かい自然のパワーを感じ、特別な時間になりました。

さて、次は宿に向かいます。

フルーツパーク富士屋ホテル

お世話になったのは「フルーツパーク富士屋ホテル」。西沢渓谷からホテルへは、いったん西沢渓谷から山梨市駅へバスで戻り、駅からタクシーで約7分で到着!

フルーツパーク富士屋ホテルは、甲府盆地を見下ろせるフルーツの丘に立つ、南欧風のリゾートホテル。

露天風呂から見えるのは、「新日本三大夜景」のひとつ、笛吹川フルーツ公園の夜景。ただただお湯に浸かって夜景、星空を見ました。大好きな時間。ごちそうさまでした。

山で冷えた体も温まり、明日に備え早めに就寝。1日目終了。おやすみなさい~!

「ほったらかし温泉」は早朝5時でも大にぎわい!

翌日は、待ちに待った「ほったらかし温泉」へ!!!

「ほったらかし温泉」とは富士を望む甲府盆地を見下ろせ、満天の星と日の出を拝みながらの入浴が好評の温泉施設。
浴場は元湯「こっちの湯」と「あっちの湯」の2カ所あり、日の出時刻から開場する浴場は、雄大な眺望が自慢の「あっちの湯」。

ほったらかし温泉は、以前私が働く銭湯に会いに来てくれた子に「絶対好きだと思うから行ってほしい!」と言われており、今回とても楽しみにしていました。

早起きなんてなんのその……朝湯の仕込みで慣れてるもん(朝湯仕込みの日は朝4時起き)。

開場時間は、日の出の1時間前のため、オープン時刻は季節によって変わります。10月は6時前後の日の出のため、オープンは5時。その時間を目がけてホテルを出発。

ほったらかし温泉 10月 早朝の空

ちなみにほったらかし温泉さんはタオルが有料(販売のみでタオルが200円、バスタオルは1000円)。チェックインの時、翌朝ほったらかし温泉に行くことを話したら、ホテルの方が「タオルが有料になりますので、お泊まりの方にはお部屋のタオルか、浴場にあるタオルをお貸ししております」と言ってくださり、今回は富士屋ホテルさんからタオルをお借りしました。感謝!

ほったらかし温泉に向かう道は舗装された道路だけど、まだまだ真っ暗で怖かった~。ホテルからほったらかし温泉までは、徒歩約20分で到着!

ほったらかし温泉

それではいざ「あっちの湯」へ!

ほったらかし温泉 あっちの湯

ほったらかし温泉 あっちの湯 眺望

朝4時半、あっちの湯からの眺望。露天風呂は手前に木の枠のお風呂、奥に石造りのお風呂と2種類。内湯もあるので、肌寒くなったら内湯へ。

今回は特別に営業前に浴場を撮影させていただきました!

日の出の予定時刻は5時20分。5時過ぎに浴場へ向かうと、すでに約20名の方が、お湯に浸かって日の出を待っていました。私もそれに加わり、浴槽の木枠に寄りかかり、じいいい……っと日の出を待ちます。

あんなに空を見たのはいつ以来だろう。
太陽は予定より30分ほど遅く登場し、私を、街を全部を照らして、昇っていきます。
圧倒的なエネルギーに身を委ねることしかできず、朝焼けの光に包まれていく心地よさでふわふわしました。
まつげについたしずくに光が反射して、まばたきをするたびに新しい景色が見える。それが楽しくて、美しくて、何度もまばたきをしました。鳥の大群が飛びたち飛んでいくのを見たときは、数百年前も、そのずっと前も、この地を太陽は照らし続けているんだなぁと感動。

走馬灯のように今までの思い出や、景色、悲しかったこと、大切な人……たくさんのことが溢れ、思い出されました。

ほったらかし温泉 室内

浴場を出ると、富士山がひょこっと顔を出していました。

ほったらかし温泉から見える富士山

朝と夜の混ざった空が、火照った体にちょうどいい。

壮大な自然に意識を持ってかれてしまう~~~いかんいかん! と、タクシーを呼んでいただき、ホテルに戻りました(約3分で宿に到着)。

ほったらかし温泉から見える景色

タクシーを待っている間に空はすっかり朝の顔。
1泊したからこそ出会えた景色。
20分の夜道もこのためならまた歩けるだろうと思いました。

旅の締めは、旬のぶどうパフェ!

ほったらかし温泉からホテルへ戻り、休憩して、朝ごはんを食べて……
会いたかったよ~~~! ぶどうパフェ~~~~~!!

フルーツパーク富士屋ホテル ぶどうパフェ

どん!

フルーツパーク富士屋ホテル ぶどうパフェ

どどん!
う、つ、く、し~~~~! ピカピカのぶどうが山盛り!

こちらのぶどうパフェは、宿泊したホテルの中にある喫茶「カフェ ベラヴィスタ」さんでいただけます。

季節の果物などを使ったパフェなので、秋はぶどうで、ぶどうが終わると次の時季はマロンパフェに! ファンも多く、その季節ごとに食べに来る方もいらっしゃるみたいです。

ぶどうパフェは、生のぶどう、酸味が強めのさっぱりとしたぶどうジェラート、バニラアイスと甘めのぶどうソースなど、飽きることなく最初から最後までいろんなぶどうが楽しめ、見栄えも美しいのに食べ物としても最高で、作ってくれた方の思いが伝わるパフェでした。とっっっってもおいしかった~! ごちそうさまでした。

フルーツパーク富士屋ホテル ぶどうパフェ 祝茉莉

食べ終わるとすぐに帰りの時間は来てしまい、タクシーで山梨市駅へ(約7分)。特急かいじに乗り東京へ。

行く前と後だと、新宿の街も違って見えました。
旅を経て気がついたこと! 山梨で買ったシャインマスカットは1房500円だったこと、自然は強く怖いこと、桃の花はピンクなこと、ほうとうは食べるまでに15分煮込むこと、一人の夜道が怖くてもジャクソン5の「I want you back」を流して乗り切れること、「身ひとつ」で動けばどこまでも行けること、まだまだまだ知らないことがたくさんあること……。

しばらくは東京で、山梨でチャージした光とラメの靴で、また走り続けよう。

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

旅の情報を日々発信中!

東北、関東の紅葉の旅

旅の情報を日々発信中!

列車で行く秋旅!紅葉旅行・ツアー2018
新幹線で行くスキー&スノーボードツアー