かわいいが止まらない♪こぎん刺し&鳩笛にときめく青森クラフト旅

【青森クラフト旅】こぎん刺し&鳩笛作りに挑戦!名喫茶&お土産も

衣・食・住・旅のエッセイスト柳沢小実です。今回の目的地は、りんご生産量全国1位の青森県弘前市。
弘前は海の幸と山の幸に恵まれた城下町。実はコーヒー文化が根付いており、雰囲気のある喫茶店もたくさん。そんな弘前で、伝統工芸体験をしてきました。


【行程】


城下町の喫茶店でミートパイを

はやぶさ号

はやぶさ号の緑がまぶしい

弘前へは、JR東京駅からJR新青森駅まで、東北新幹線で約3時間。さらに新青森駅からJR弘前駅まで、JR奥羽本線で約35分の道のりです。

りんごのオブジェがのったポスト

ポストにもりんご

ここ弘前は、昔ながらの喫茶店が多い街。太宰治が通っていた「万茶ン」や、地元のコーヒー好きに愛されている「成田専蔵珈琲店」をはじめ、名店がずらり。江戸時代に幕府より北方警備を命じられた弘前藩士がコーヒーを飲んでいたことから、コーヒーと喫茶店文化が広まりました。

まず向かったのは、地元の方数名がオススメしてくださった「名曲&珈琲 ひまわり」。60年続く名店で、ミートパイが評判です。

名曲&珈琲 ひまわりの外観

名曲&珈琲 ひまわり

ひまわりの店内

昭和の雰囲気を残す内装もたまらない

クラシック音楽をBGMにミートパイを。さくさくのパイ生地に甘めのゆるい肉あんが絡んで、たしかにこれは美味しい。ほかに、「藩士の珈琲」やリンゴジュース、アップルパイなども人気だそうです。

ミートパイとリンゴジュース

ミートパイとリンゴジュース

こぎん刺しのヘアゴムを作ってみた

喫茶店から5分ほど歩いて、次は手芸店「しまや」で、こぎん刺し体験に初挑戦します。こぎん刺しとは、農家の女性たちが津軽の厳しい寒さを乗り切るために、補強も兼ねて綿糸で麻生地に柄を刺して着物にしたもの。その美しさから、伝統工芸品として再び見直されています。柄と生地と糸の組み合わせは無限大。初心者向けの「きくらこ柄」を選びました。

筆者が選んだネイビーの生地とサーモンピンクの糸

ネイビーの生地にサーモンピンクの糸を

刺繍は久しぶり。ざくざくと粗い生地に刺していきます。私はネイビーの生地にしましたが、淡い色の生地のほうが、目を見つけやすいため、手芸初心者にはおすすめだそう。30分ほど無心に作業してできあがり。刺し終えた生地をその場でボタンに仕立てて、ヘアゴムにしていただきました。自分で手を動かすと、達成感がありますね。

筆者が作った、こぎん刺しのヘアゴム

完成です!

次は、手芸店から10分ほど歩いたところにある雑貨店「green」に。ティッシュケースやコースター、名刺入れやブローチなど、こぎん刺しのアイテムも、たくさん並んでいます。

雑貨店「green」の店内

おしゃれな店内

こぎん刺しの商品

北欧のような雰囲気も

筆者が購入したこぎん刺しのブローチ

ブローチをお土産に購入

幻の豆腐、タラの白子に舌鼓!

そのあとは、ホテルに向かう道すがら、市場をのぞいたり、古い教会を巡ったりしました。
夜は、ホテルのスタッフの方に教えていただいた、弘前駅そばの居酒屋「夕凪」へ。「新鮮な魚を食べたいならここ! 」とのお言葉通り、近海で獲れた魚介類に舌鼓を打ちました。

居酒屋「夕凪」のお通し

お通しの美しさに、まず感動

この日は、地元の人でもなかなか買えない幻の豆腐、奥瀬商店(黒石市)の豆腐があり、そちらももちろんオーダー。ひとりでのんびり食べていたら、お隣の方々が、タツ(タラの白子)の天ぷらや納豆巻きなどを次々と分けてくださいました。ひとりだと種類を食べられないのが唯一の悩みなので、ありがたく頂戴しました。いい夜だったな。

刺身盛り合わせと奥瀬商店の豆腐

刺身盛り合わせと、幻の豆腐。薬味たっぷり

この日は弘前駅周辺のホテルに宿泊。翌日もクラフトめぐりは続きます。

2日目もロマン感じる喫茶店からスタート

弘前旅の2日目スタート。2日目は鳩笛の絵付け体験がメインですが、早めにホテルを出て、老舗の和菓子店「大阪屋」でお土産を買い、地元の方に教えていただいた喫茶店へ向かいました。
どこへ行くかはある程度リサーチしてありますが、決めつけすぎず、行く先々でおすすめを教えていただくというスタイルです。落ち葉が風に舞うように、その時の気分に身をまかせるのも、旅ならではの過ごし方ですよ。

弘前駅から車で10分ほど。「大正浪漫喫茶室」は、大正10(1921)年に建てられた、日本商工会議所の初代会頭を務めた藤田謙一氏の別邸の一角。2003年に国の有形文化財に指定されています。レトロな建物や整えられたお庭を眺めながら、アップルパイやタルトタタンがいただけます。

大正浪漫喫茶室の店内

木の窓枠や床のタイルにうっとり

大正浪漫喫茶室のステンドグラス

ステンドグラスも必見

朝食代わりに、弘前市はタムラファームのアップルパイとアップルティーを。雨上がりで鮮やかさを増していたお庭の紅葉が印象的でした。弘前公園近くで、散策中のひと休みにちょうどいい立地です。

アップルパイとアップルティー

紅玉の酸味が美味しいアップルパイ

自分だけの鳩笛をつくる!絵付け体験

さて次は、「大正浪漫喫茶室」から弘前公園経由で15分ほど歩き、津軽の民芸品やお土産などを集めた、「津軽藩ねぷた村」へやってきました。ここでは、さまざまな伝統工芸製作を体験できます。
下川原焼(したかわらやき)土人形は、かつて、食器をつくる窯元が、オフシーズンの冬の間につくりためて春にまとめて焼いていたものだそう。鳩笛の絵付けに挑戦しました。

鳩笛の絵付け体験スタート

真っ白い鳩笛が渡されて、絵の具の説明を受けます

鳩笛の絵付け体験途中

絵心がないので、伝統的な色と柄に

筆の扱いは難しかったですが、丁寧なご指導により、美術の成績が壊滅的だった私でも、なんとかかわいくできました。うれしい!

鳩笛の絵付け完了

最後の最後に、羽根にドット柄を描き足してしまった

弘前の人気のカフェでひと休み

愛らしい鳩笛を完成させたら、この後はお土産ショッピングの時間です。弘前駅から徒歩10分ほどのところにある、弘前中央食品市場で食品を購入しました。

弘前中央食品市場の店内

生鮮食品からお惣菜まで、市民の台所です

買い物後は、弘前の若い女性たちに人気だというカフェ「cafe TUBE LANE」へ。アンティーク家具が置かれた店内は、大きな窓からたっぷり日の光が入って、しみじみ幸せを感じる空間です。ランチやケーキもいただけますが、この日はすみれアップルを。すみれのシロップ&リンゴジュース&ジンジャーエールの、爽やかでおしゃれなドリンクでした。

「cafe TUBE LANE」店内

建物の2階にある隠れ家カフェ

すみれとアップルのドリンク

ドリンクも美味しい

お土産で、旅の余韻を楽しむ

下調べの段階から、弘前は食に恵まれた土地だと期待していました。訪れてみたら予想以上で、持っていったほぼ空っぽの小さめスーツケースは、帰りは食べ物でぎゅうぎゅう。重さを量ってみたら、なんと17キロもありました。帰宅後にお土産をほどき、余韻を味わうのも旅の醍醐味ですね。

実は「城下町だった弘前には、和菓子の名店がひしめいている」「リンゴの名産地で、アップルパイなどにも力を入れている」といった情報を聞き、「弘前のおやつを調査する」を裏テーマに旅していました。最も感激したのが、創業から300年以上の老舗、「大阪屋」の竹流し。そば粉入りの生地を薄く伸ばして焼いた素朴なお菓子ですが、カリパリとした歯ごたえと、ほのかな甘さ、そばの香りと、とにかくバランスが絶妙で止まらない……! これは間違いなく銘菓ですよ。

「大阪屋」の竹流し

そして、弘前のホテルの朝食にも登場する、津軽の漬物店「いした」の杏の漬物もいくつか。直営店は市内から離れていますが、駅から徒歩圏内のイトーヨーカドーの漬物コーナーか、津軽藩ねぷた村で買い求めることができます。

漬物店「いした」の梅の漬物

お茶請けに、甘いものを数種類選びました

筆者の部屋に飾られた鳩笛

弘前で作った鳩笛も、しっくり部屋になじみました。伝統工芸体験と、喫茶店と、食の旅。弘前へは、また必ず訪れたいと思っています。

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

旅の情報を日々発信中!

東北、関東の紅葉の旅

旅の情報を日々発信中!

行くぜ!東北 冬のごほうび、東北旅行
新幹線で行くスキー&スノーボードツアー