長続きカップルには「ど定番デート旅」が逆に新鮮だった@伊豆高原 甲信越・中部

長続きカップルには「ど定番デート旅」が逆に新鮮だった@伊豆高原

written by
前田麻衣

こんにちは、はじめまして! 移動する同棲生活の前田麻衣とSHUN INANUMAです。「移動する……同棲生活……?」って思いますよね。わたしたちカップルは固定の家を借りず、国内外を移動しながらヤドカリのように暮らしています。

「ライフスタイル=移動すること」なくらい、いろんなところに旅することが好きなわたしたち。普段は気の向くままに楽しむノープランな旅スタイルが多いのですが、「たまにはド定番なデート旅もしたい~~っ!」ということで、今回はテーマを決めて旅をしてきました。その名も、「手づくりの旅 in伊豆!」

それではレポートしていきます!


【行程】


スーパービュー踊り子号で伊豆へ出発!

スーパービュー踊り子号

スーパービュー踊り子号

今回の列車旅は東京駅から伊豆高原駅まで約2時間。スーパービュー踊り子号でひとっ飛び!
ホームに入ってくるスーパービュー踊り子号を見ると、エメラルドグリーンがなんともかわいいっ! 旅の気分も上がります♪

踊り子号には乗ったことがあるけれど、ふたりともスーパービューは初めて。スーパービュー踊り子号は、伊豆への旅をより楽しめるように作られた特急列車なんです!

そのため、列車のつくりには、こだわりがちらほら。なかでもいちばんの特徴は大きな車窓! 伊豆の海や山を最大限に楽しむためのつくりです。ちなみに、ハイデッカー(高床式)なので、ほかの列車よりもさらにより良い見晴らしなのだとか!
早く乗りたくてウズウズします……!

スーパービュー踊り子号の車窓

座席に着くと、列車はすぐに東京駅を出発。目の前の大きな車窓にみとれていたら……いきなり大海原が登場!
この日はあいにくの天気でしたが、まっすぐに延びる水平線にはとっても感動っ。

しらす弁当

売店人気No.1のしらす弁当

車窓からの景色に見とれていたら、気づけばランチタイムの時間帯に。どうりでおなかがすいた……! あっ、でも駅弁買い忘れた……泣

なんて時も、ご安心を! スーパービュー踊り子号には売店があるので、わざわざ買っておく必要はなしです。
この日は、売店のお姉さんに人気No.1と教えてもらった、しらす弁当を。これでもかというほどしらすが詰まっていて、大満足でした♩

筆者

車窓からの景色と駅弁に酔いしれているうちに、伊豆高原駅に到着~! 東京駅からの約2時間、快適すぎてあっという間でした……。

今日はそのまま宿泊予定の温泉宿に直行! なぜなら、温泉に目がないわたしたち。一刻も早く温泉に浸かりたいのですっ!

温泉旅館「きらの里」にチェックイン

きらの里

今回宿泊するのは、伊豆高原駅から無料送迎バスで約7分の温泉宿「八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里」。チェックインを済ませたら、さっそくお部屋へっ!

別邸山の音

今回わたしたちが泊まった「別邸山の音」

客室

別邸山の音203号室

部屋への扉を開けると、木のぬくもりがたっぷりで、あたたかみのあるお部屋。天井も高くて、開放感があります。

客室内

奥にはこたつも。いつもとは違ったほっこりくつろげる空間で、ゆっくりと会話を楽しめました。

6600坪の広い敷地を散策

お部屋でひと休みしたら、さっそく大浴場! ……の前に、約6,600坪もあるという、きらの里の広大な敷地内を、ぶらっとお散歩してみることにっ♪

敷地内のかかし

かかしのいる田んぼでは毎年春に田植えをして、収穫したお米は実際にいただけるのだとか!

足湯

ちょうどいい温度の足湯ですっきり

大浴場

大浴場外観

敷地内の散歩を楽しめたところで、いよいよ大浴場へ~!
ここの温泉、美肌の湯として知られているんだとか……。はやく美肌になりたいっ! 駆け足で向かいます!

大浴場の内湯

大浴場の内湯(写真提供:きらの里)

浴場へと続く扉を開けると、木造であたたかい雰囲気の大浴場が広がります。そして窓から見える緑に、とても癒やされましたっ。

大浴場の露天風呂

大浴場の露天風呂(写真提供:きらの里)

露天風呂はというと、こちらの景色も圧巻。きらの里の広大な敷地を生かした緑豊かな空間の中で、時間を忘れてゆったりできます。

貸切露天風呂

無料の貸切露天風呂

温泉は、大浴場だけではなく、無料で利用できる貸切露天風呂も!

貸切露天風呂

貸切露天風呂(写真提供:きらの里)

こぢんまりながらも、ふたりで入れる大きさです。大浴場では別々になるけれど、貸切風呂なら一緒におしゃべりしつつ、温泉を楽しめます!
ちなみに予約制ではないので、空いていたらそのままふらっと利用できるのもうれしいポイント。

ふぅ、お風呂でさっぱりしたら、ふたりともおなかがすいてきた……。夜ごはんは伊豆産の食材を使った料理だとか……楽しみっ!

伊豆のグルメを堪能

夕食

まずは食前酒で乾杯~っ! お料理は、お肉かお魚どちらか選べるということだったので、今回わたしたちはお魚をチョイス。

お造り

伊豆で獲れた新鮮なお造り

海鮮しゃぶしゃぶ

メイン料理の海鮮しゃぶしゃぶ

お魚料理のメインである、海鮮しゃぶしゃぶ! 旨味たっぷりのおだしに、新鮮なお魚をしゃぶしゃぶしていただきます♪ お魚の身がふわふわで、贅沢な一品でした。

海鮮しゃぶしゃぶの〆は雑炊で。魚のだしと卵がからんで、とっても上品な味わい……。
最後にちょっとした甘いデザートまでいただき、おなかいっぱいで大満足です!

夜の敷地内

夜になると、敷地内は華麗にライトアップ

夜ご飯を終えてお部屋に戻ろうとすると、外の景色がライトアップされていてびっくり! 昼間とは違った、しっとりした雰囲気で、これもまたすてきっ♪

さぁ、おなかもいっぱいになったことだし、もうひと風呂浴びたら今夜は早めに休もうかなっ。なんて考えていたら……

ラーメン屋台

22時以降に、こつぜんと現れるラーメン屋台

あれっ? 屋台? ラーメン……!? そうなんです、きらの里では、お夜食としてミニラーメンも振る舞ってくれるんです!

旅館っていつもよりご飯の時間が早くて、ご飯を食べてお風呂に入って部屋でゆっくりしてたら、あれ小腹が……なんてことありませんか? わたしはあります!

ということで、しっかりおいしくいただきました♪(ダイエットは明日から……!) おなかいっぱい胸いっぱいで、今夜はぐっすり眠れそうだ~。

陶芸体験でふたりの思い出づくり

ふかふかのベッドで気持ちよく目覚めたら、夜に引き続き、伊豆の栄養たっぷりの朝ご飯。

朝食

チェックアウトは11時だから、最後にもう1回お風呂に入ってもよし! 余裕をもって出発の準備ができて幸せ。

さてっ、用意ができたら、いざ出発! 2日目は、今回のテーマである「手づくりの旅」。まずは陶芸体験へ!

陶芸工房 mojomojo

きらの里から徒歩約3分の「陶芸工房 mojomojo」に。こちらで陶芸体験ができるのです!

作品サンプル

作品サンプル

陶芸体験中の筆者カップル

わたしたちは電動ロクロコースとラインアートコース、それぞれ体験することに!
電動ロクロコースは、実際に電動ロクロを使って器を作ります。ラインアートコースは、素焼きの器に絵付けをしていきます。
ふたりとも完全なる初心者ですが、店主さんがわかりやすく教えてくれました!

作った作品

なんとか自力で仕上げた作品はこちら!
電動ロクロのわたしはマイ湯呑み。ラインアートの相方は、サルからヒトに進化する過程を描いたそうです(独特……でも上手)。

このあとは店主さんが焼き上げてくれて、完成したものを後日郵送してくれます。届くのが楽しみ!

伊豆高原の手づくりパン屋さん

ル・フィヤージュ

ル・フィヤージュの外観

mojomojoから徒歩約10分のところにある「ル・フィヤージュ」。手づくりパンがおいしいと、伊豆で有名なパン屋さんです!

ル・フィヤージュのパン

店内でひとつひとつ丁寧に焼き上げた、おいしそうなパンが並びます

(左)BLTサンド、(右)ランチセットB

(左)BLTサンド、(右)ランチセットB

ル・フィヤージュのパンと筆者

テラスカフェが併設されているので、お店自慢の手づくりパンが味わえるランチをいただきました。
サンドウィッチは好みのパンが選べます。わたしはフランスパンをチョイス。外はパリッと、中はしっとり、トマトとベーコンがパンにとっても合いますっ!

テラスカフェ

自然豊かなお庭を眺めながらいただくランチは格別っ。ゆっくりとした時間の流れを感じました。

伊豆高原駅

東京から2時間と気軽な距離にある、伊豆でのカップル旅。陶芸体験をして一からモノをつくったり、手づくりパンのおいしさに包まれたり、はたまた温泉でゆったり過ごしたり。 

今回の「手づくりの旅」というテーマのおかげで、彼氏が意外と絵が上手なところも発見できて、カップルとしてなんだか新鮮な時間になったなぁ!
ノープラン旅が好きな彼氏も、「こういう旅もたまにはいいね!」なんてお気に召した模様っ。

伊豆って王道かもしれないけれど、あらためて「手づくりの旅」を通してカップル旅を楽しんでみては? きっと楽しめるはずっ。

それではまた!

 

今回の旅の行程

【1日目】JR東京駅→伊豆高原駅→八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里

【2日目】宿→陶芸工房 mojomojo→ル・フィヤージュ→伊豆高原駅→JR東京駅

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

この記事をクリップする

この記事を書いた人

前田麻衣

前田麻衣

学生時代から旅行好きで、旅行会社に就職。その後、フリーライターとして活動したり、人のサポートが好きで秘書業務をしたり。マイペースにヘルシーをモットーとして生きています。交際歴7年の彼氏とは定まった家を持たずに、国内外を含めて移動しながら同棲生活をしています。
Twitter:@maimai_221
Instagram:@movingcouple
blog:移動する同棲生活ブログ

このライターの記事一覧へ

甲信越・中部の旅

カップル旅行の旅

旬の旅

春は桜、夏は高原、秋は紅葉、冬はスキー……
今行きたい、季節ならではの旅の情報が満載です。

みんなの#びゅうたび

読者の皆さんが撮影した「とっておきの一枚」を集めました。
旅先で見つけたあなただけの写真を「#びゅうたび」でぜひ投稿してください!

みんなの投稿を見る
スキー特集
行くぜ東北特集

旅をして、
私をバージョンアップしよう

びゅうたびは、自由でお得な列車旅によって、
自分らしい旅をしたい人をエンパワーします。

びゅうたびについて

JR東日本ダイナミック
レールパック

あなたの旅行のスタイルに合わせて
往復JRと宿泊施設等を自由に組み合わせる
JR東日本のダイナミックレールパック。

詳しく見る

空いてる
列車宿
一度予約
できる

最短出発前日
前日18まで、
オンライン予約OK!

きっぷは駅の
指定席券売機
受取れる!

※ご予約日によって同時予約できない場合がございます。

会員登録(無料)すると
記事を11件以上クリップすることができます