将棋好きなら一度は行きたい!将棋の街・山形県天童市への旅 東北

山形県天童市・将棋への愛と駒があふれる街で【将棋づくしの旅】

2021.12.01 東北山形
written by
POINT

今回の列車旅ポイント

  1. 天童駅を基点に「将棋の街」を観光
  2. 天童駅駅舎内にある天童市将棋資料館
  3. 天童駅から徒歩圏内の天童温泉

こんにちは! 編集者の藤田華子です。将棋ファンになってちょうど5年。普段はインターネット番組で将棋を観たり、将棋にまつわる文章を読み書きしたりしています。

今回は、将棋の街として知られる山形県・天童市へ。将棋の駒、生産量全国1位を誇る街です。それでは、行ってきます!

東京駅

「天童市将棋資料館」で将棋の歴史に触れる

山形新幹線「つばさ」

JR東京駅から山形新幹線「つばさ」に揺られ、約3時間でJR天童駅へ。乗り換えがないので、のんびりとアプリで将棋を指したり、対局の中継を観たりしながら向かいます。

天童駅に着いてまずは隣接の「天童市将棋資料館」に。将棋の歴史や天童市と将棋の関わりを学んで、旅の幕開けです。

天童市将棋資料館 館内

さまざまな種類の駒が並ぶ一角は圧巻!

もともと将棋は、古代インドで遊ばれた「チャトランガ」というゲームがルーツ。それが西に渡りチェスに、東に渡り将棋になりました。日本に伝わったのは、11世紀(平安時代)といわれています。

では、なぜ天童で将棋駒産業が盛んなのでしょうか? 話は江戸時代末期。将棋駒づくりは、財政が厳しかった天童織田藩の下級藩士の手内職にはじまります。当時、武士の内職は歓迎されないものでしたが、重臣・吉田大八は「将棋は兵法戦術にも通じ、武士の面目を傷つけるものではない」という理由で積極的に奨励したそうです。

天童市将棋資料館 館内

天童の春の一大イベント「人間将棋」の様子

学芸員の瀬野純子さんはたくさんのアイデアをお持ちで、街中で将棋のモニュメントがどこにあるかが記された「KOMAP(コマップ)」や、駒を軸にした天童市のプロジェクト「コマノミクス」などの名付け親。

次の構想を尋ねると、「渋沢栄一と福澤諭吉は、将棋を指していたらしいんですよ。新旧1万円札対決です! ぜひ企画にしたいですね」と聞かせてくれました。

※編集部注:天童市将棋資料館の館内は撮影禁止です。特別に許可をいただいて撮影をしています

将棋フレークシール 将棋駒ストラップ

将棋フレークシール、将棋駒ストラップ(自宅にて撮影)

売店でかわいいアイテムをお土産としてゲット。

天童市将棋資料館のすぐ横には「天童将棋交流室」があり、駒音が聞こえました。そして駅前のポストにも駒!

天童駅前のポスト

ほほえみの宿 滝の湯

合計23回もタイトル戦の会場になったお宿

天童市将棋資料館から15分ほど歩き、天童温泉街に到着。今夜は「ほほえみの宿 滝の湯」に宿泊します。1984年(昭和59年)から合計23回も将棋のタイトル戦(十段戦/竜王戦)の会場になっている立派なお宿です。

ロビーや大浴場の入り口に大きな将棋盤が設置されるなど、館内のあちらこちらに将棋にまつわるものが置いてあります。

ほほえみの宿 滝の湯 館内

大浴場の入り口に、大きな盤と駒

ここでは、お風呂上がりに将棋を指すおじいちゃんとお孫さんの姿を見かけてほっこり。

ほほえみの宿 滝の湯 館内

夕食前に小腹を満たす、温泉卵サービス

自分で温泉卵をつくるサービスのお釜も駒形でした。

そして、今回は特別に対局会場の「竜王の間」を見学(※)させていただきました。

※編集部注:宿泊者は見学可能。ただし、お部屋が空いている場合に限りますので、詳しくは宿までお問い合わせください

ほほえみの宿 滝の湯「竜王の間」

「竜王の間」。対局で使われた盤と駒

案内をしてくださった女将の星野陽子さんのお話から見えてきたのは、何回もタイトル戦の会場となり、多くの勝負を観てきたからこその棋士への敬意。いかに快適に対局に集中してもらえるかを、繊細な視点で盛り込んでいます。

たとえば、入り口すぐの丸窓。

ほほえみの宿 滝の湯「竜王の間」

対局の朝、先に着席した棋士は集中と闘志を研ぎ澄ませて相手を待ち、部屋には緊張感が満ちます。そこに登場する対局者。この丸窓は、相手が入室したことをシルエットと気配で知らせて、落ち着いた雰囲気で対局を始められるようにという気遣いからつくられました。

次は、この畳。よく見ると、縦が長いことに気付きませんか?

ほほえみの宿 滝の湯「竜王の間」

縦が長い特注の畳

映像に畳のヘリが映り込まないようにと、なんと特注で、通常の畳よりも1.5倍の長さでつくったそう。

ほかにも、盤面を写すカメラが天井に埋め込みできる仕様になっていたり、対局者が眩しくないよう照明器具をレール移動させることができるようになっていたり。

ほほえみの宿 滝の湯「竜王の間」

電話機にも、かわいいあしらい

「竜王の間」を見学させていただいたあとは、いよいよ夕食の時間です。

夕食

山形牛に天童ワインに、地元の味に舌鼓

なんて豪華なお食事! あけび味噌や、だだちゃ豆豆腐、滝の湯名物のうなぎむき蕎麦蒸しなど珍しい品々に、メインは山形牛のスキヤキ! どれも真心を込めてつくられたことが伝わってくる、あたたかなお味です。

こちらのお宿は環境にも配慮していて、地産地消を心がけ地元・山形の食材や自家農園の無農薬野菜をふんだんに使用するなど、人と自然に優しい宿を目指しているそう。天童駅から見える里山の美しい景観を想いながらいただくと、おいしさもひとしおです。

内風呂

多くの棋士もこのお湯に癒やされたことでしょう

楽しみにしていたお風呂は、大きな浴室と露天風呂からなる「紅の湯(女性用)」。私、温泉ソムリエの資格を持っているほどの温泉好きなのですが、ここはかなり好みです! 日頃、気づかないうちに溜まったこわばりや緊張がほぐれるような優しいお湯。熱すぎない湯加減なので、長くゆっくりお湯を満喫できます。

1日中雨降りでしたが、天童での素敵な出会いを思い出しながら幸せな気持ちでおやすみなさい。

栄春堂

職人技を間近で見ながら、書き駒体験

昨日とはうって変わって、快晴になりました。

チェックアウトしたら、まずは宿から歩いて5分ほど、将棋駒とこけしのお店「栄春堂」に。

栄春堂 外観

栄春堂 外観

縁台で指す将棋って、憧れます

ここは天童温泉街で一番古い将棋駒の実演販売所。お店に入ると、職人さんが駒づくりをしていました!

駒職人は後継者不足が問題になっています。天童市は後継者不足を解消するため、積極的に育成の機会を提供しているそうです。

栄春堂

使い込まれた机。摩擦で変色しています

机の手前が剥げ、中央の色が変わっているのは、そこで駒を回しながら彫るから。代々、ここで駒がつくられてきたことが分かります。

栄春堂

駒ができるまでの工程

出来上がった駒がこちら。なんともいえない、凛とした美しさを放っています。

栄春堂 駒

将棋の魅力のひとつに、日本の伝統に触れられることも挙げられます。こちらでは、飾り駒の「書き駒体験」ができるというのでチャレンジしました。書く言葉はなんでもOK。

栄春堂 書き駒体験

七夕の短冊と同じ言葉を記してみました。職人技を拝見したばかりで、お恥ずかしい(笑)。

栄春堂

ちなみにこちらの「左馬(ひだりうま)」は、福を招くめでたい駒として天童のあちこちで登場します。馬の字が逆に書かれていますが、ウマの逆は「マウ(舞う)」であり、舞いはお祝いの席で催されることから縁起がよいなど、いくつか由来があるそうです。

天童市内散策

街中に詰将棋!? 歩くだけで楽しい天童散策

栄春堂から次の目的地「Ice cafe’ 弘水 -KOSUI-」までは、徒歩6分ほど。歩く道すがら、駒のモニュメントを探します。

天童市内 マンホール

さっそく駒の模様が施されたマンホールの蓋を発見。

天童市内 詰将棋

歩道に詰将棋! 市内には、19箇所の詰将棋が書かれたスポットがあるそう。私には難しくて、写真だけ撮りました(笑)。

詰将棋 電柱

電柱にも。

天童市内 案内マップ

駒形の市内案内マップ。

日常に将棋が溶け込んでいるなんて、本当にワクワクする街です。

Ice cafe’ 弘水 -KOSUI-

老舗製氷店のかき氷とアイス

Ice cafe’ 弘水 -KOSUI-」に到着しました。1908年(明治41年)創業、製氷店として創業100年以上を誇る「赤塚製氷」によるアイス専門店です。最初はプレハブ小屋で始めたかき氷屋さんが好評で、2016年にカフェとしてオープンしたそう。

「完熟苺クリーム」のかき氷と、対局でも食べられた「天童将棋愛す(てんどうこまあいす)」をいただきます。

天童将棋愛す 完熟苺クリームのかき氷

運ばれてきてびっくり、すっごい大迫力!

かき氷はふわふわの氷の上に、これでもかとシロップとクリームが乗っています。山形県は果物の宝庫。県内の果物や野菜を使った自家製シロップと、ミルクがたまらない!

棋士が対局中に食べる「将棋めし」としても注目されたモナカの「天童将棋愛す(てんどうこまあいす)」は、なかには小豆のアイスが入っています。「棋士がこれを食べて何を思ったか……」なんて想像する間もなく、一瞬で食べ終えました(笑)。

天童駅

駒のお見送りも。また来るからね

そろそろ帰京の時間です。15 分ほど歩いて天童駅に。山形新幹線のホームには、見送りをしてくれるように駒のイラストが。

駒のイラスト

あらためて、脈々と続く将棋の伝統を支える方々の想いに触れられた貴重な旅でした。伝統を守りながら、未来へ向けてーーそんな視点で、将棋の街への旅を楽しんでみてはいかがでしょう。

JR東京駅

掲載情報は2021年12月1日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

今回の旅の行程

【1日目】JR東京駅→JR天童駅→天童市将棋資料館→ほほえみの宿 滝の湯

【2日目】ほほえみの宿 滝の湯→栄春堂→天童市内散策→Ice cafe' 弘水 -KOSUI-→JR天童駅→JR東京駅

山形・天童JR+宿泊 ほほえみの宿 滝の湯

1泊2日/東京駅⇔天童駅/夕朝食付き

※商品が0件の場合は検索条件を変更いただき、再検索をお願いします。

この記事をクリップする

この記事を書いた人

藤田華子

編集者、ライター。SDGsやライフスタイルについての連載、エッセイも執筆。趣味は将棋(将棋ペンクラブのお手伝い)、お風呂(温泉ソムリエです)、読書。観る将・読む将として、将棋の魅力をお伝えしていきます!
Twitter:https://twitter.com/haconiwa_ohana

このライターの記事一覧へ

東北の旅

温泉の旅

アンケート企画

みんなで旅のプランをつくろう!
旅レポートを公開

びゅうたび会員とSNSフォロワーのみなさんにご参加いただいた 特別企画の完結編。
地主恵亮さんの青森・仏ヶ浦への旅!

記事を読む

旬の旅

春は桜、夏は高原、秋は紅葉、冬はスキー……
今行きたい、季節ならではの旅の情報が満載です。

みんなの#びゅうたび

読者の皆さんが撮影した「とっておきの一枚」を集めました。
旅先で見つけたあなただけの写真を「#びゅうたび」でぜひ投稿してください!

みんなの投稿を見る

旅をして、
私をバージョンアップしよう

びゅうたびは、自由でお得な列車旅によって、
自分らしい旅をしたい人をエンパワーします。

びゅうたびについて

JR東日本
びゅうダイナミック
レールパック

あなたの旅行のスタイルに合わせて
往復JRと宿泊施設等を自由に組み合わせる
JR東日本のダイナミックパッケージ。

詳しく見る

空いてる
列車宿
一度予約
できる

最短出発当日
往路列車出発前まで、
オンライン予約OK!

きっぷは駅の
指定席券売機
受取れる!

※ご予約日によって同時予約できない場合がございます。

会員登録(無料)すると
記事を11件以上クリップすることができます