パンマニアが案内!盛岡市は一度は訪れたい「パンの町」だった 東北

パンマニアが案内する岩手・盛岡パンの旅。「福田パン」以外も大充実!

2021.01.14 東北岩手
written by
片山智香子
POINT

今回の列車旅ポイント

  1. 新幹線「はやぶさ」と「こまち」の連結は必見
  2. 盛岡駅から徒歩で巡れる美味しいパン
  3. IGRいわて銀河鉄道に乗る

10,000個以上のパンを食べ歩いてきた、旅するパンマニア片山智香子です。美味しいパンがあると聞けば、多少遠くても足を運ばずにはいられない性格。今回は、コッペパンブームのきっかけにもなった「福田パン」がある盛岡まで行ってきました。

JR東京駅

こまちとの併結部分に萌える

はやぶさ

JR東京駅から東北新幹線「はやぶさ」で約2時間15分、JR盛岡駅へ向かう。

はやぶさとこまちの連結部分

はやぶさは、盛岡駅まで「こまち」と併結されている。発車時間が迫りバタバタしてはいたが、列車好きとしては思わず連結部分に目がとまってしまった。色合いといいフォルムといい、萌える。

はやぶさからの車窓

いなだ珈琲舎

喫茶店で頂く絶品ホットサンド

11月の盛岡は凍えるほどではなく、引き締まるくらいの寒さが逆に心地よい。盛岡駅から市内地までは、街並みを堪能しながら散歩がてら歩くには丁度よい距離。最初の目的地である「いなだ珈琲舎」までは徒歩で向かった。

いなだ珈琲舎

写真提供:いなだ珈琲舎(6月撮影)

盛岡駅から徒歩で約30分、「盛岡劇場・河南公民館」の目の前にあるいなだ珈琲舎では、

モーニングが落ち着いた時間帯に伺ったこともあり、マスターとゆっくりお話ができた。

いなだ珈琲舎 店内

煎った後はもちろん、生豆時から豆の状態を確認し丁寧に選別した自家焙煎の珈琲が楽しめる。毎日飲んでも飽きのこないものを目指しているという珈琲は余韻まで美味しかった。

珈琲同様にこだわって提供されている「ホットサンドセット」は、ひと口目からそのこだわりが分かる。さっくりしていながらも弾力もあるハードトーストはミミまで一体感がある。ハム、キュウリとともにサンドされている玉子は、奥州市の菊地農場のものを使用。特筆すべきはパンに塗られたマスタードバターとカクテルソースだ。程よい塩味と辛味がパン生地に染み込み、素材の旨味をうまく引き出している。

ホットサンドセット

材料へのこだわりが半端ない

再び盛岡駅方面に戻ること徒歩約17分、盛岡城跡のそばにある「」へ向かう。お店は通りに面しているが、ガラス扉に店名が書かれているだけなのでご注意を。

穀

店内は広く、常時、厳選された10種類程度のパンが並ぶ。こちらの最大の特徴は、可能な限り国産小麦を使っていることだろう。ライ麦などは海外のものだが有機栽培のものを使っているそうだ。私自身、粉ヲタでもあるので店内で粉袋を見かけると異常にテンションがあがる。北海道産が大半なようだが、「ゆきちから」や「もち姫」は岩手県産のものらしい。もち姫という粉があることを今回初めて知ったので、それだけでも嬉しい。

穀 店内

こちらで購入したのは「イチジク&クルミ」と「豆パン」。イチジク&クルミは、人気があるというカンパーニュ生地(フランス語で田舎風のパンを意味する)に、有機白いちじくとローストした有機クルミを使用。イチジクのじんわり広がる優しい甘味に香ばしいクルミが加わり、それだけでも美味しい。このカンパーニュは全粒粉が加わることで、より味わいが深まり、粉自体の力強さも感じる。

甘納豆を練りこんだ豆パンは、ひと口目から甘味を感じる。イタリア語でスリッパを意味するチャバタ生地は外側はさっくりしているのに、内側がしっとりしていて、そのコントラストがやみつきになる美味しさだ。

豆パン(左) イチジク&クルミ

パンが目的とはいえ、せっかく盛岡まできたので「盛岡城跡公園」にも寄ってみた。ここは日本100名城にも選ばれており、とにもかくにも紅葉が綺麗で驚いた。石川啄木の歌碑などもあるので、風景を楽しみながらぶらり散歩してみるのも楽しい。

盛岡城跡公園

盛岡城跡公園

本日最後は、Bakery &Cafe tuk-tukへ向かう。盛岡駅からIGRいわて銀河鉄道で1駅、最寄駅の青山駅へ。銀河鉄道というネーミングに岩手を感じる。

 IGRいわて銀河鉄道

Bakery&Cafe tuk-tuk

ハード系のパンに定評あり

青山駅から徒歩で約15分のところに「Bakery&Cafe tuk-tuk」はある。自家製の酵母と風味豊かな岩手県南部小麦を使ったハード系のパンが並び、どれも美味しそうだ。

Bakery tuk-tuk

こちらのお店に伺った目的のひとつが、盛岡の「美味いもんアンバサダー」の認定商品「盛岡黒平豆パン」だったが午後に伺ったこともあり売り切れだった。その代わりに「ショコラカヌレ」「あんバター」「レーズン」を購入。

ショコラカヌレ あんバター レーズン

カヌレはカカオの香りが鼻腔をくすぐる。中が生チョコっぽい仕上がりなので食感が面白い。あんバターは、卵と乳製品は使用せず、バターではなく豆乳クリームバターでヘルシーに。ほんのり甘い餡子と塩味が混ざり合い、甘じょっぱい味わいがたまらない。さらに、キメのつまった生地にたっぷり入っているレーズン。もしかしたら、レーズンがtuk-tukのパンを一番堪能できるのかもしれない。それくらい素材の味わいを感じることができるパンだった。

すっかりあたりも暗くなってきたので、1日目のパン屋さん巡りはこのくらいにして、ホテルへ向かう。今回は盛岡駅の目の前、「ホテルメトロポリタン盛岡」に宿泊した。

福田パン 長田町本店

唯一無二のコッペパンここにあり!

2日目の朝は早起きして「福田パン 長田町本店」へ向かう。盛岡駅から徒歩で約11分。まだ日が昇りきっておらず、うっすら朝焼けしている岩手山。川のせせらぎも耳に心地よく、何を食べようか到着する前から心躍る。

福田パン 店内

福田パンはコッペパンブームのきっかけになったお店として知られる。店内はカウンタースタイルになっており、おしながきに書かれている中から選ぶ。具は2種類まで組み合わせ可能だが、今回は初めてなのでカスタマイズはせず、惣菜系から「エビカツ」「ごぼうサラダ(ポテトサラダ入り)」、限定品の「田野畑山地酪農牛乳クリーム」を選んだ。

エビカツ ごぼうサラダ(ポテトサラダ入り) 田野畑山地酪農牛乳クリーム

まずコッペパンがめちゃくちゃ美味しい。手のひらよりも大きく持ってみるとずっしりくるのだが、口あたりが滑らかで軽い食感なのだ。エビカツは、エビのぷりぷりした食感、千切りしたキャベツ、ソースと辛子マヨネーズがじゅわりと口内に広がる。ごぼうサラダは、シャッキリしたごぼうの歯ごたえがよく、それだけでも美味しいのだが、さらにポテトサラダも入っているので、全体がよりまろやかになっている。田野畑山地酪農牛乳クリームは、ミルクが濃厚! 牛乳の旨味だけがギュッとつまっている感じ。ジャムとの組み合わせも楽しめるようだが、このまま純粋に牛乳クリームを堪能して欲しい一品。

福田パン 調理場

PanoPano 盛岡向中野店

石窯オーブンで焼かれたパンが100種類

旅の最後に向かうのは「PanoPano 盛岡向中野店」。盛岡駅から岩手県交通のバスで約25分、向中野五丁目停留所で下車し徒歩約1分。レンガ造りの外観は可愛らしくテラスでのんびりパンを頂くことができる。

PanoPano 盛岡向中野店

石窯オーブンがあり、パンは100種類以上ならぶ。奥には厨房も見えるのでその躍動感も楽しい。

PanoPano 盛岡向中野店

こちらで購入したのは不動の人気だという「自家炊きカレーパン」に、女性に人気のある「サバサンド」、岩手県産「もち姫」を使用したという「もちチーズ」の3つ。ちなみに「もち姫」とは岩手県産もち性小麦のことで、それら岩手県産小麦を100%使用した「もち姫食パンいわて100」も人気があるらしい。

どれも美味しいのだが、サバサンドのポテンシャルの高さに驚いた。サバの油分をレタスと玉ねぎがさっぱり仕上げてくれている。セミハードなパンはそれ自体でも美味しいのに脇役に徹して、サバの旨味を引き立てていた。

自家炊きカレーパン サバサンド もちチーズ

今回、5つの店のパンを食べ歩いてみて感じた、それぞれのこだわり。盛岡というと、わんこそばや冷麺など「麺」が名物なイメージがあるが、地元の粉を使ったパンも多く、その一つ一つが本当に美味しい。これからさらに、盛岡のパンが注目を浴びるのではないだろうか。いや、そうあって欲しい。

東京駅

掲載情報は2021年1月14日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポット情報

福田パン 長田町本店

住所:岩手県盛岡市長田町12-11
営業時間:7:00~17:00(売切次第)
定休日:お盆・年末年始

今回の旅の行程

【1日目】JR東京駅→JR盛岡駅→いなだ珈琲舎→穀→盛岡城跡公園→Bakery &Cafe tuk-tuk→ホテルメトロポリタン盛岡

【2日目】ホテルメトロポリタン盛岡→福田パン 長田町本店→盛岡駅(岩手駅交通バス)→PanoPano 盛岡向中野店→JR盛岡駅→JR東京駅

岩手・盛岡JR+宿泊 ホテルメトロポリタン盛岡 25,200円

2021年2月11日出発/1泊2日/東京駅⇔盛岡駅/バス付ツイン/素泊まり

※参考価格です。最新情報はこちらからご確認ください

※表示価格は、2020年12月21日時点のおとな1名の価格です

この記事をクリップする

この記事を書いた人

片山智香子

片山智香子

10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニア。全国のパンを紹介する日本最大級コミュニティ「パン屋さんめぐりの会』を主宰。テレビ・ラジオ・雑誌などメディアで活躍する傍ら、百貨店のパン祭り監修など多岐にわたった活動をしている。近著に『愛しのパン』(洋泉社)がある。
[旅するパンマニア]: http://travelbread.hatenablog.com/archive
[ホームページ]:https://panyameguri.jimdofree.com/
[ちかパントラベル]:https://www.youtube.com/channel/UCTrVsMpIerB_1bTTeMt1mag/

このライターの記事一覧へ

東北の旅

グルメの旅

アンケート企画

旅好き会員&フォロワーに聞く!
国内旅行の楽しみ方は?

びゅうたび会員とSNSフォロワーのみなさんに列車旅の楽しみ方や、
今したい旅のスタイルなど、旅にまつわるアンケ―トを実施しました!

記事を読む

旬の旅

春は桜、夏は高原、秋は紅葉、冬はスキー……
今行きたい、季節ならではの旅の情報が満載です。

みんなの#びゅうたび

読者の皆さんが撮影した「とっておきの一枚」を集めました。
旅先で見つけたあなただけの写真を「#びゅうたび」でぜひ投稿してください!

みんなの投稿を見る

旅をして、
私をバージョンアップしよう

びゅうたびは、自由でお得な列車旅によって、
自分らしい旅をしたい人をエンパワーします。

びゅうたびについて

JR東日本ダイナミック
レールパック

あなたの旅行のスタイルに合わせて
往復JRと宿泊施設等を自由に組み合わせる
JR東日本のダイナミックレールパック。

詳しく見る

空いてる
列車宿
一度予約
できる

最短出発前日
23時40分まで、
オンライン予約OK!

きっぷは駅の
指定席券売機
受取れる!

※ご予約日によって同時予約できない場合がございます。

会員登録(無料)すると
記事を11件以上クリップすることができます