「スノボしたい!」と思ったら。東北・関東エリアのスキー場を雪バカ田中が厳選!

「スノボしたい!」と思ったら。東北・関東エリアのスキー場を雪バカ田中が厳選!

こんにちは。雪バカ田中と申します。冬の週末はスキー場へスノーボードに行く生活をして10年。今では雪バカを名乗り、日本全国のスキー場に足を運んでおります。今回は、東北・関東エリアにある、「スノボをしたい!」という人におすすめのスキー場を5つご紹介します!

1. グランデコスノーリゾート(福島県北塩原村)

シーズンスタートから雪が多くて楽しめる!

グランデコスノーリゾート

東北新幹線の停車駅、JR郡山駅からシャトルバスで約100分の場所に位置する「グランデコスノーリゾート」。ここ数年、福島県の会津磐梯エリアは12月上旬頃から雪が豊富に降る傾向にあります。例年通りの積雪量となればシーズン序盤から全コースオープンも期待できますので、よいスタートを切りたいスノーボーダーは必見です。

グランデコスノーリゾート 看板

雪バカのおすすめコースは、ゴンドラを降りてからさらにリフトで上がった中・上級者向けのメリッサコース。気持ちの良い斜度とコースの起伏を使った滑走が楽しめます。

グランデコは全体的になだらかなコースが多いので、初心者でも十分楽しめます。また、休憩場所がひとつなので、友達とはぐれてしまっても再集合しやすいのがポイント。ショップ、レストランが併設されたスキーセンターは、清潔で広々としていて快適な休憩が取れますよ。

2. パルコールつま恋リゾート(群馬県嬬恋村)

子ども連れにおすすめ!樹氷林を眺めるコースも

パルコールつま恋リゾート

JR軽井沢駅から無料送迎バス(宿泊者のみ・完全予約制)で60分の「パルコールつま恋リゾート」は、託児所やキッズルーム、無料休憩室が充実しているセンターハウスが大きな特徴。センターハウス付近には小さな子どもでも安全に雪遊びができるエリアも備わっています。

パルコールつま恋リゾート センターハウス

温泉や買い物スポットが充実している軽井沢を経由できるので、家族や仲間とスノーボードを楽しむ旅行先としてぴったりです。

バラギゲレンデにはスノーパークが設置された幅広のコースがあり、練習が目的のスノーボーダーも気持ちよく滑ることができます。樹氷林を眺めながら滑れるプレストコースはいつも大人気です。

3. ハンターマウンテン塩原(栃木県那須塩原市)

ニューヨークにちなんだ、雰囲気良しのスキー場

ハンターマウンテン塩原

JR那須塩原駅から、無料シャトルバス(完全予約制)で約60分と、都内からのアクセス良好な「ハンターマウンテン塩原」。比較的雪が少ないエリアにありますが、充実した人工雪設備を活用して営業しています。そのため、広い滑走エリアが安定してキープされています。

ゴンドラで上がった上部エリアは雪が締まった硬めのバーンになっているので、ターンを練習したいスノーボーダーにうってつけです。

ハンターマウンテン塩原 エントランス

ニューヨーク近郊にあるスキー場をモデルにしていて、コースやレストランにはニューヨークにちなんだ名前がついています。ショップにはオシャレなオリジナルグッズもあり、雰囲気は華やか。「スノボしたい!」と思った女性に、雪バカが自信を持って勧めたいスキー場です。レンタル用品店、入門者から検定試験にまで対応したスクールも併設されています。サービス内容や設備が充実していて、何度でも来たくなるスキー場です。

4. ホワイトワールド尾瀬岩鞍(群馬県片品村)

中級者におすすめ!ターンが楽しいスキー場

ホワイトワールド尾瀬岩鞍

スノーボードに慣れて、思い通りのターンが描けるようになったら、ぜひ行っていただきたいのが「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」。ターンが楽しめる、ちょうどよい斜度のコースが充実しています。首都圏から近い日帰り圏でありながら、雪質は非常に良好。

メインとなるゴンドラを使って滑る「ミルキーウェイ」は、開放感のある尾根沿いを滑る、気持ちのよいロングコースです。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 看板

キッカー(ジャンプ台)などの派手なスノーパークはない代わりに、落ち着いた雰囲気の中でマイペースに滑れるのもありがたいポイント。スノーボード好きな仲間と遊びに来たいスキー場です。JR上毛高原駅から110分のシャトルバスも出ています(完全予約制)。

5. 安比高原スキー場(岩手県八幡平市)

シーズンに一度は行きたい、東北のビッグゲレンデ!

安比高原スキー場

東北地方屈指のビッグリゾート「安比高原スキー場」。新幹線JR盛岡駅からシャトルバス(完全予約制)で約60分。雪が豊富な地域で、例年はGWまで営業しています。規模が大きく滑りごたえのある多彩なコースと、恵まれた雪質が魅力で、毎年多くのスノーボーダーが訪れます。サラサラの雪は上達したかと錯覚できるほど滑りやすく、幸せな気分になれますよ。

また、ナイターも安比高原スキー場の魅力のひとつ。白銀の世界を照らすナイター照明は、とてもロマンチックで、昼間とは違った雰囲気で滑ることができます。日中よりも気温が下がるため、降雪時にはサラサラのパウダースノーが楽しめることも。

規模が大きくナイターも魅力ということもあって、ぜひ泊まりで行きたいスキー場です。

というわけで、スノーボーダーにおすすめしたいスキー場を5つお伝えさせていただきました。スノーボード旅行は滑走以外にも、温泉や季節のご当地グルメなど冬らしい楽しみが詰まっています。計画を立てるときからワクワクが始まるスノーボード旅行。ぜひとも素敵なスノーボードシーズンをお過ごしください!

旅の情報を日々発信中!

東北、関東の紅葉の旅

旅の情報を日々発信中!

列車で行く秋旅!紅葉旅行・ツアー2018
新幹線で行くスキー&スノーボードツアー