箱根で「あつまれ どうぶつの森」の世界を満喫!美術館にも! 首都圏

箱根ポーラ美術館×あつ森。箱根で「あつまれ どうぶつの森」の世界を満喫!

2020.12.17 首都圏神奈川
written by
POINT

今回の列車旅ポイント

  1. 踊り子号で「あつ森」を楽しむ
  2. 自然災害から復旧した箱根登山電車に乗る
  3. 列車なら渋滞を気にせず行ける

こんにちは。ライターの井口エリです。

今年は、家で過ごす時間が例年よりも長かった……。

そんな「おうち時間」を語るにあたり、欠かせない存在があります。今年大ヒットしたNintendo Switchのゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」(以下、「あつ森」)です。外出自粛中は、「外出できるようになったら行きたい場所」を島内(※)にたくさん作っていました。温泉、飲食店、バーなど……。

※「あつ森」の舞台は無人島。プレーヤーは無人島を開拓しながら、そこで暮らす島の住民(動物)たちとのコミュニケーションを楽しむ。

あつ森に作った自分の部屋

モチーフはカフェ。「あつ森」の自分の部屋

そんな感じでおうち時間を楽しく過ごすことができた私ですが、今回は島を離れてリアルの世界へ飛び出します。

あつ森 筆者のキャラ

行ってきます!

箱根には「あつ森」のマイデザイン機能(※)を活用して楽しめる美術館やリアルなどうぶつと触れ合える動物園があり、温泉にも入れるし、絶品うなぎも食べられるのです。これは……もう「あつ森」!? 現実で「あつ森」を楽しむ箱根旅に出発します!

※自分で描いたデザインで洋服を作るなど、自由に島を彩ることができる機能。作ったデザインをオンライン上で公開すると、誰でもそのデザインを使用できるようになる。ポーラ美術館では絵画のマイデザイン(データ)を配布しており、自分の島に絵画を飾って楽しめる。

東京駅

特急「踊り子号」で小田原へ

踊り子号

JR東京駅から特急「踊り子」に乗り込み約1時間、JR小田原駅へ向かいます。今回乗車したのは2020年3月にデビューしたリニューアル車両のE257系。列車では「あつ森」をしたり読書をしたり。窓側の席に電源が付いているのが地味にうれしい。

小田原駅で箱根登山電車に乗り換え。箱根には何度か来ているのですが、箱根登山電車に乗るのは初めてでした……! 車で行くと道路が混んでいることが多く、大変だった記憶がありますが、列車だと渋滞に巻き込まれないから快適ですね~!

箱根湯本駅

箱根登山電車で快適な箱根旅!

小田原駅から14分ほど、箱根湯本駅で強羅方面へ乗り換えです。箱根の山は、取材時はちょっと色付きはじめてるかな~?という紅葉具合でした。

箱根登山電車 鉄橋

箱根登山電車で走る鉄橋の迫力よ……!

箱根登山電車は、スイッチバックという方式を取り入れジグザグに山を登っていきます。スイッチバックは、塔ノ沢駅と宮ノ下駅間において、3回(3カ所)体験することができます。

約40分乗車して終点の強羅駅へ到着。ここからは施設めぐりバスで約13分、ポーラ美術館に向かいます。

ポーラ美術館

リアルでも「あつ森」でも楽しいポーラ美術館

ポーラ美術館では、新型コロナウイルス感染症対策として、混雑状況による入場制限や入館時の体温チェックなどが行われていました。

ポーラ美術館は、「#あつ森でポーラ美術館」と題し、「あつ森」のゲーム内で飾ることができる展示・所蔵作品のマイデザインを公開しています。ゲーム内で島に飾った作品と、実物を見比べられることができます。

取材時は、「モネとマティス もうひとつの楽園」という展覧会が開催されていました。

その展覧会は現在終了していますが、2020年11月14日から始まった展覧会「Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年」(2021年4月4日まで開催)でも展示される作品を中心に、「あつ森」のマイデザイン画像とともに紹介します!

クロード・モネ バラ色のボート 1890年

クロード・モネ《バラ色のボート》1890年

モネの人物画の大作「バラ色のボート」。浮世絵に影響を受けたというモネの大胆な構図と、水面下の水草の描写が美しい作品です。

あつ森 マイデザイン バラ色のボート

美術館のマイデザインはこんな感じ!

「バラ色のボート」はマイデザインを6種類つなぎ合せて表示させる大型のものです。

クロード・モネ 睡蓮の池 1899年

クロード・モネ《睡蓮の池》1899年

モネは、日本のテイストを取り入れて作った自宅の庭を題材に、18点の連作を描き上げました。こちらの「睡蓮の池」はそのひとつです。

クロード・モネ 睡蓮の池マイデザイン

クロード・モネ《睡蓮の池》のマイデザイン

モネの不朽の名作も、自分の島に飾れる~! 景色に溶け込むマイデザイン、素敵です。

ピエール・オーギュスト・ルノワール レースの帽子の少女 1891年

ピエール・オーギュスト・ルノワール《レースの帽子の少女》1891年

レースの帽子の少女 マイデザイン

島を丸ごと美術館にできますね

衣装の質感をとらえて描くことを得意としたルノワール。柔らかくほほえむ少女とレースの帽子の質感はマイデザインでも健在です。

渡仏して西洋画を学んだ岡田三郎助。「あやめの衣」には、日本の伝統的な美意識と油絵の手法が現れています。こちらを身に着けられるマイデザインはまさに着るアート!

岡田三郎助 あやめの衣 1927年

岡田三郎助《あやめの衣》1927年

あやめの衣 服 マイデザイン

《あやめの衣》のマイデザインもあります!

スイーツ 睡蓮

スイーツ「睡蓮」(940円税込)

美術館に併設された「レストラン アレイ」では、モネの睡蓮の池をイメージしたスイーツがいただけます。ノンアルコールのスパークリングワインにエディブルフラワーやフルーツが浮かぶスイーツは、まるで食べるモネ作品! 見て食べて1日たっぷり楽しむことができました♪

箱根湯本駅

箱根パークス吉野

箱根湯本駅へ戻り、駅から徒歩約12分、本日の宿「箱根パークス吉野」へ向かいます。(シャトルバスもあり)

旅の楽しみといえば食事ですよね。ダイニング「いち井」でいただくお料理は、前菜にはじまり、御造り、小鉢、炊き合わせ、蒸し物、焼き物、焜炉、御飯、留椀、香の物、水菓子と、相模湾で獲れる魚介や箱根西麓の野菜を堪能できるもの。

御造り、小鉢、銀餡

御造り、小鉢、銀餡

長芋ときのこの琥珀寄せの小鉢、茄子と野菜を練ったものを揚げた茄子万頭と鰻の銀餡……いずれも目にも美味しく、食べても美味しいお料理です。

※食事内容は季節によって異なります。

貸切露天風呂 星 有料

貸切露天風呂「星」(有料)

ご飯の後はお風呂。湯本1号泉を含む3本の源泉から引いた温泉は、アルカリ性単純温泉でほっと温まります。美味しいご飯と素晴らしいお風呂で日頃の疲れが取れていく……。

「あつ森」内に作った温泉

温泉に行きたくて「あつ森」内に作った温泉

見ているか数カ月前の私……リアルな温泉にやっと来られたんだぞ……!

大浴場桂 露天風呂

大浴場「桂」露天風呂(写真提供:箱根パークス吉野)

リンクコーデの筆者

「あつ森」キャラとリンクコーデのつもり

2日目は、「あつ森」内の自分のキャラを意識した服装にしました。「あつ森」はいろいろな衣装・髪形なども選べるのでキャラメイクも楽しいです。

朝食の和洋バイキングを楽しみ、朝から温泉にも入って気力は十分。今日はリアルどうぶつと触れ合いに行きます!

だっこして!ZOO!

雨を気にせず、たくさんの動物たちとの触れ合いを楽しむ!

箱根湯本駅から箱根の山道を50分ほどバスに揺られ、箱根園どうぶつランド「だっこして!ZOO!」へ。ここは複合リゾート施設「箱根園」の中にあり、屋内施設なので、雨の日でも安心。ワンちゃんコーナー、ネコちゃんのお部屋、うさぎにカピバラ、爬虫類、ミニブタ、フクロウ、ミーアキャットなどたくさんの動物たちがいて、全天候型で快適に動物たちと触れ合えます。

動物園へは、手のひらと靴の裏を消毒して入園。新型コロナウイルス感染症対策として、混雑時には入場制限があり、1回の滞在時間を45分以内としています。

アンゴラウサギ

アンゴラウサギ

ホアーッッ! かわいい! ウサギの口元って本当にかわいいんですよねぇ……。手からニンジンを食べてくれました。

犬

ワンちゃんコーナーでは、人懐っこいワンちゃんたちが近寄ってきます。うわあああ……毛がやわらかい。命とのリアルな触れ合いに感動です。

ネコちゃんの部屋では、近寄ってくる子、一瞥してあとはスルーする子……みんなバラバラですがそこがいい。君たちはそうであってほしい……。

猫

ふわふわのネコちゃん

ネコちゃん、耳の先からしっぽの先まで「かわいい」が詰まっている……。

あつ森 ネコ住民 さっち

島の住民「さっち」

自分の島(あつ森)にもネコ住民がいて愛でております。箱根、リアル「あつ森」じゃないですか!

ボールニシキヘビ

ボールニシキヘビ

ボールニシキヘビのボールくんに恐る恐る触れて……。つるつるしていて表面が硬かったです。そしてお顔が結構かわいかった。

ミーアキャット

ミーアキャットって触れられるんだ……!?

……とまあ、たくさんの動物とリアルな交流ができ、癒されました。動物園って離れて見るイメージだけど、ここは動物との距離が近い!

鳥かつ楼

小田原で絶品うなぎを食べる!

鳥かつ楼

鳥かつ楼

箱根園から小田原駅行きのバスに乗り込み約1時間10分。駅東口から徒歩12分ほどの「鳥かつ楼」へ。こちらで絶品のうなぎをいただきます!

鳥かつ楼という店名だけあり「とりのかつ重」もメニューにありますが、有名なのはうなぎ。疑問に思い聞いてみると、初代が創業時につけた屋号をそのまま使っているのだそうです(今の大将で三代目)。創業当時は「鳥かつ」が主流だったのだとか。なるほどー! 

うな重 竹

うな重 竹(4,350円税込)

そんなことを考えているうちに、うなぎが運ばれてきました。香ばしく焼き上げられたうなぎの美しい焼き色よ……! こちらで食べられるうなぎは、蒸しの時間をたっぷり取っていてふわっふわなのが特徴です。

うな重 竹

ふわトロのうなぎ……!

「お、おいしい……」

うなぎを口に含むと、「口の中で溶けてしまうのでは?」と思ってしまうぐらいにふわふわ、そしてうなぎは脂が乗ってトロットロです。こんなに柔らかいうなぎははじめて食べました。

甘みを抑えたキレのある辛口のタレと、うなぎの脂が口いっぱいに広がります。箸休めに肝吸いをひと口。このバランス感が最高です……! また、自家製のぬか漬けもとても美味しかったです。小田原ってかまぼこのイメージが強かったのですが、うなぎも有名だったんですね。

小田原駅

心も体も元気になって東京へ

JR小田原駅

帰りも行き同様に、小田原駅から踊り子号に乗り東京駅へ。さて、今回の旅行では箱根・小田原のお土産もたくさん買って帰ることができました。

お土産

「箱根ビール」と小田原で水揚げされた魚介類を中心とした薫製ブランド「和の燻製」のチーズや鮭(シャケ)の燻製、鈴廣の「ぷちかま(チーズ)」……いずれも好物ばかりです。

温泉で外から、食で中から、アートを見て刺激を受け、動物を触って癒され、とっても元気になりました。箱根って不思議だな~。都心からも1時間ちょっとで行けちゃう箱根で、気力をチャージしてみてはいかがでしょうか。

東京駅

掲載情報は2020年12月17日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポット情報

鳥かつ楼

住所:小田原市浜町3-1-46
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30) 、17:00~20:00(当面の間、時間を短縮して営業しています)※食事のL.O.19:00、ドリンクL.O.は19:30
定休日:火曜日

今回の旅の行程

【1日目】JR東京駅→JR小田原駅→箱根登山鉄道 箱根湯本駅→強羅駅→ポーラ美術館→強羅駅→箱根湯本駅→箱根パークス吉野

【2日目】箱根パークス吉野→箱根登山鉄道 箱根湯本駅→だっこして!ZOO!→鳥かつ楼→JR小田原駅→JR東京駅

神奈川・箱根JR+宿泊 箱根パークス吉野 16,900円

2021年1月27日出発/1泊2日/東京駅⇔小田原駅/バス付和室/夕朝食付き

※参考価格です。最新情報はこちらからご確認ください

※表示価格は、2020年12月3日時点のおとな1名の価格です

この記事をクリップする

この記事を書いた人

井口エリ

オタク気味のフィギュア好きサブカルフリーライター。執筆の動力源は好奇心。ニュースサイトやポータルサイトなどWEBを中心に、「井口エリ」もしくは「ちぷたそ」名義にて、幅広いジャンルの執筆を行う。最近は御朱印や神社仏閣に夢中。
Twitter:https://twitter.com/chip_potekko
雑な日記:http://chiptaso.hatenablog.com/

このライターの記事一覧へ

首都圏の旅

温泉の旅

アンケート企画

旅好き会員&フォロワーに聞く!
国内旅行の楽しみ方は?

びゅうたび会員とSNSフォロワーのみなさんに列車旅の楽しみ方や、
今したい旅のスタイルなど、旅にまつわるアンケ―トを実施しました!

記事を読む

旬の旅

春は桜、夏は高原、秋は紅葉、冬はスキー……
今行きたい、季節ならではの旅の情報が満載です。

みんなの#びゅうたび

読者の皆さんが撮影した「とっておきの一枚」を集めました。
旅先で見つけたあなただけの写真を「#びゅうたび」でぜひ投稿してください!

みんなの投稿を見る

旅をして、
私をバージョンアップしよう

びゅうたびは、自由でお得な列車旅によって、
自分らしい旅をしたい人をエンパワーします。

びゅうたびについて

JR東日本ダイナミック
レールパック

あなたの旅行のスタイルに合わせて
往復JRと宿泊施設等を自由に組み合わせる
JR東日本のダイナミックレールパック。

詳しく見る

空いてる
列車宿
一度予約
できる

最短出発前日
23時40分まで、
オンライン予約OK!

きっぷは駅の
指定席券売機
受取れる!

※ご予約日によって同時予約できない場合がございます。

会員登録(無料)すると
記事を11件以上クリップすることができます