色鮮やかな初夏の熱海。神秘的な夜の來宮神社、ジャカランダの花 甲信越・中部

熱海でパワーチャージ!神秘的な夜の來宮神社、ジャカランダの花

written by
POINT

今回の列車旅ポイント

  1. レトロな駅舎が印象的な来宮駅
  2. 熱海駅から徒歩圏内で、カラフルな花々を見ながらの散策
  3. 魚が描かれた網代駅の駅名標は、美味しいランチの予感がする

こんにちは、歴史大好きモデルの加治まやです!

夏の気配を感じつつも、過ごしやすい気候が続いている今日この頃。みなさんいかがお過ごしですか? 私は相も変わらず都内の神社仏閣巡りに勤しんでいます。神社の木々や花々もどんどん色づき景色もカラフルになってきて、ついカメラを構えることが多くなりました。美しい色に囲まれるとおのずと元気になってしまう単純な私です(笑)。

とはいっても、都会で自然溢れるスポットに出合うのはなかなか難しいもの。街中を離れ、カラフルな自然を満喫したい! というわけで、東京からも気軽に行ける静岡県の熱海へ、初夏の自然からパワーをいただく旅に出たいと思います。

東京駅

特急「踊り子」に乗っていざ熱海へ

JR東京駅から特急「踊り子」に乗ってJR熱海駅まで約1時間半の旅路。踊り子といえば、列車名の由来になった『伊豆の踊子』? はたまた、村下孝蔵?(伝わりづらい……?)

川端康成の『伊豆の踊子』は初めて読んだ純文学で、当時大学生の私には、何故そうなるのー!? という展開の連続でちんぷんかんぷんだったんだけれど、大人になってから読んだら全く違う感想になるのかな?

踊り子号

そんなことを考えつつ都会から郊外へ、郊外から自然溢れる風景へと変化してゆく車窓を眺めていたら、あっという間に熱海駅に到着。改札は出ずに伊東線に乗り換えて2分ほどでお隣のJR来宮駅!

来宮駅

レトロな駅舎の来宮駅

ここから徒歩で10分ほど、坂道を下っていくと最初の目的地「湯前(ゆぜん)神社」が見えてきた。

湯前神社

温泉が湧く!? 歴史たっぷりの湯前神社

湯前神社

木々に囲まれた、見るからに古そうな石鳥居は、江戸時代中期に熱海へ湯治に来た久留米藩主・有馬頼徸(ありまよりゆき)が寄進したもの。熱海市の指定文化財になっています。有馬頼徸はたびたび熱海を訪れていたようで、歴史好きにとっても胸熱!

手水舎

そしてびっくりなのが境内の手水舎。なんとただの水ではなく温泉! 触ってみるとアチッ、となって中々の高温です。

それというのもこの周辺は、熱海温泉の始まりともいわれている地。なるほど、湯前神社の名称にも納得!

大湯間歇泉

現在は人工的に噴出させている大湯間歇泉

湯前神社から坂道を少し下ると「大湯間歇泉」という温泉が湧き出る場所があり、本当に源泉だったんだ! とわくわくさせてくれる。周りには薬師如来の石仏や、初代駐日英国公使ラザフォード・オールコックのレリーフなど歴史的な造形物がたくさんで、テンションもどんどんアガる!

さてさて、熱海の歴史に触れてアガったところで、次はパワースポットへ運気をアゲに行こ!

と、その前に腹ごしらえも大事だよね。

cafe kinowa 季の環

身体に嬉しい、野菜たっぷりヘルシーランチ

湯前神社から来宮駅を越えて10分ほど歩くと見えてきたのが「cafe kinowa 季の環」。

こちらで地域のオーガニック野菜にこだわったヘルシープレート(税込1,672円)をいただきますよ。見た目がカラフルで楽しい。

ヘルシープレート

ひとつひとつの野菜の味が楽しめて、身体にいい事してるぅって感じ! ご飯も雑穀入りなのがグッドです。

旅行の時ってついつい炭水化物ドーン! なメニューが増えがちなので、野菜中心の食事は本当に嬉しい。そして、このカフェにはさらに嬉しいものが。

足湯 筆者

それがテラスの足湯。緑に囲まれながら足湯もできるなんて贅沢〜! 天気がいい日はテラスでペットとご飯を食べられるのも素敵ポイント。

それでは、お腹も心もいっぱいになったところで今日のメイン、「來宮(きのみや)神社」へ行きましょう!

來宮神社

樹齢2,100年の御神木からパワーをいただく!

季の環から徒歩2分ほどの場所に見えてきたのは來宮神社の赤い鳥居。

來宮神社

竹林が奥まで続いていて、なんだか吸い込まれてしまいそう。

來宮神社 御神木

この神社のパワースポットは何といっても御神木であるこの大楠。アニメに出てきそうなこの巨木は樹齢なんと2,100年超という古いもの。23.9メートルもあるという幹の周りを1周すると、寿命が1年延びる伝説や、願い事が叶う伝説があるといわれていて、多くのご利益があるそう。私は、3周はしたかな!(笑)

神社には、お洒落なカフェが4つも併設されてるの。とても天気が良かったので私は外にある「茶寮 五色の杜」でお茶をいただきましたよ。

五色の杜

お団子を焼く筆者

お団子を自分で焼くスタイルが楽しい!

自然に囲まれた茶寮で癒やされているうちに日が暮れてきたと思ったら……

ライトアップされた神社

ライトアップは日没〜23:00(通常)

境内がライトアップされてびっくり。夜の神社って神秘的だね。

日暮れの來宮神社の楽しみも味わえて大満足。そろそろホテルへと思っていたら、あるポスターが目に飛び込んできました。

熱海梅園

思いがけず、たくさんの蛍を観賞

ほたる観賞の夕べ ポスター

それがこちらのイベントのポスター。ほたる観賞の夕べ??(※) 蛍なんて、東京育ちの私は1〜2匹しか見たことない。

※編集部注:例年6月初旬に開催される蛍の観賞イベント。熱海梅園内の初川清流に3月に放流したゲンジボタルが5月下旬から6月に成虫となり美しい光を放つ

調べてみると來宮神社からこのイベントが催されている「熱海梅園」までは徒歩15分ほど。しかも無料! 行くしかないでしょ!! 少し坂道を登るけど、それもいい運動です。

梅園を流れる小川に沿って暗がりを歩いて行くと、そこには信じられないくらいたくさんの蛍が!! まさか熱海で蛍が見られるとは思ってなかったので感動もひとしおだったよ。

熱海梅園 蛍

蛍を写真におさめるのは難しい!

感動を胸に抱えたまま来宮駅から熱海駅へもどり、宿泊予定のホテルへ。本当にいい夜だったな。

熱海駅周辺

街中の色とりどりな花で元気になっちゃう

2日目は、早起きして熱海駅周辺を散策してみることに。熱海駅から10分ほどの海沿いでジャカランダフェスティバル(※)なるイベントをやっているということで行ってみた。ところでジャカランダって何だ?

熱海 ジャカランダと筆者

正解はこちらのお花のことでした。ポルトガルから贈られた2本の木がいまでは100本以上にもなっているんだって。あとから花が頭に落ちるとしあわせが訪れるといわれていると知って、落ちるの待ってればよかった~と後悔。

※編集部注:「ジャカランダフェスティバル」は例年6月に開催されるイベント。期間中は遊歩道でジャカランダのライトアップも楽しめる

筆者

ジャカランダが咲き乱れる横には大海原も

ここから徒歩10分ほどの糸川遊歩道にも色とりどりのブーゲンビリアが咲きみだれていたよ。

糸川遊歩道 ブーゲンビリア

カラフルなお花をたくさん見られて朝から元気一杯だー!!

漁師家 大次郎丸

港町で海鮮ランチ

さて、熱海駅に戻ったら、昨日も利用した伊東線に乗り込み下田駅方面へ。

伊東線

着いたのは、網代駅!

網代駅 駅名標

伊東線内のオリジナル駅名標が可愛い

昔から港町として栄えただけあって駅名標にもお魚が。これはランチも期待できるかも!

網代駅から徒歩で5分ほど。訪れたのは「漁師家 大次郎丸」さん。

漁師家 大次郎丸

漁師丼

ヅケにした地魚を使った「漁師丼(税込1,650円)」を注文。この日の魚は、カンパチ、アジ、ホウボウ! 同じ白身魚なのにそれぞれ味が違って、漁港の町ならではの魚の楽しみ方を発見した気がしました。

とにかく全部プリプリで卵黄と絡んだタレが美味で最高でした。セットのあら汁もダシがこれでもかというくらい出ていて美味しく、全部ペロリ。ご馳走様でした!!

和田木神社

旅の最後は地元の神社にご挨拶

お魚が美味しすぎて少しばかり食べすぎてしまったので、網代の町を散策しつつ、最後は地元の神社にご挨拶に。急な坂に息を切らせながら、網代の鎮守「和田木神社」へ。

和田木神社

地元の方から愛される神社で、和田木神社例大祭では、厄年の青年たちがお神輿を担ぐんだって。

和田木神社からの眺望

ここからの景色も雄大で心が洗われるな。

帰りは網代駅から特急「踊り子」に乗って東京へ。ダイナミックレールパックのプランだと、行きの降車駅と、帰りに乗車駅を別々に設定できるから、色々と観光できて便利! 

たくさんの自然と神社を回ってパワーをフルチャージできた旅でした。

東京駅

掲載情報は2021年9月14日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

今回の旅の行程

【1日目】JR東京駅→JR熱海駅→JR来宮駅→湯前神社→cafe kinowa 季の環→來宮神社→熱海梅園→JR来宮駅→JR熱海駅→ホテル

【2日目】ホテル→ジャカランダ遊歩道→糸川遊歩道→JR熱海駅→JR網代駅→漁師家 大次郎丸→和田木神社→JR網代駅→JR東京駅

静岡・熱海JR+宿泊 熱海伊豆山温泉 ハートピア熱海 17,100円

2021年10月20日出発/1泊2日/東京駅⇒熱海駅・網代駅⇒東京駅/バス無し和室/夕朝食付き

※参考価格です。最新情報はこちらからご確認ください

※表示価格は、2021年9月10日時点のおとな1名の価格です

この記事をクリップする

この記事を書いた人

加治まや

日本の歴史と美術が大好きなモデル兼ライター。東京生まれ。日本×バングラデシュ。明治学院大学文学部卒。モデル業の傍ら歴史好きの趣味が高じて歴史関連番組などに多数出演。暇さえあれば日本全国歴史旅・東京都内の美術館巡り。好きな都道府県は長野と広島。仏像と石灯籠に目がない。江戸文化歴史検定2級、美術検定2級。
Twitter:https://twitter.com/maya_kaji
Instagram:https://www.instagram.com/mayakaji/
[加治まやオフィシャルサイト]:http://kazimaya.com
[かじまやちゃんねるYoutube]:https://www.youtube.com/channel/UCzaAJaXkgIAs0KYSSoIUe9A

このライターの記事一覧へ

甲信越・中部の旅

絶景の旅

アンケート企画

みんなで旅のプランをつくろう!
<お土産付>旅レポートを公開

びゅうたび会員とSNSフォロワーのみなさんにご参加いただいた 特別企画の完結編。
地主恵亮さんの青森・仏ヶ浦への旅!

記事を読む

旬の旅

春は桜、夏は高原、秋は紅葉、冬はスキー……
今行きたい、季節ならではの旅の情報が満載です。

みんなの#びゅうたび

読者の皆さんが撮影した「とっておきの一枚」を集めました。
旅先で見つけたあなただけの写真を「#びゅうたび」でぜひ投稿してください!

みんなの投稿を見る

旅をして、
私をバージョンアップしよう

びゅうたびは、自由でお得な列車旅によって、
自分らしい旅をしたい人をエンパワーします。

びゅうたびについて

JR東日本ダイナミック
レールパック

あなたの旅行のスタイルに合わせて
往復JRと宿泊施設等を自由に組み合わせる
JR東日本のダイナミックレールパック。

詳しく見る

空いてる
列車宿
一度予約
できる

最短出発前日
23時40分まで、
オンライン予約OK!

きっぷは駅の
指定席券売機
受取れる!

※ご予約日によって同時予約できない場合がございます。

会員登録(無料)すると
記事を11件以上クリップすることができます