【蔵の街・栃木市】レトロ建築巡り、歴史と伝統を知る旅 北関東

レトロモダンな建築を巡り、伝統工芸に触れる旅。蔵の街・栃木市

2022.01.13 北関東栃木
written by
POINT

今回の列車旅ポイント

  1. 駅周辺に見どころが多い栃木駅、宇都宮駅
  2. ガラス張りの駅舎が美しい栃木駅
  3. 栃木のお土産が豊富にそろう宇都宮駅隣接「PASEO」

生活雑貨のセレクトショップ「MIGO LABO」ディレクター/カメラマンの石黒美穂子です。古い建物が大好きで街中で見かけるだけでも嬉しくなります。栃木県栃木市には古い町並みの残るエリアがあると聞いてワクワクして出掛けました。

東京駅

乗り換え1回の楽々ショートトリップ

JR東京駅から東北新幹線「やまびこ」で約40分、JR小山駅へ。

東北新幹線

小山駅でJR両毛線に乗り換えて約10分でJR栃木駅に到着。

栃木駅駅舎 広場

明るいガラス張りの三角屋根の駅舎と駅前ロータリーの大きなオブジェのコンビネーションがポップで楽しげです。

栃木市観光交流館「蔵なび」

栃木駅北口のロータリーに面したところに栃木市観光交流館「蔵なび」があります。スタッフの方から最新の地元情報を教えてもらえます。

横山郷土館

石蔵と西洋建築のハーモニー

横山郷土館

巴波川の対岸から見た横山郷土館

まずは「横山郷土館」(入館料・一般300円)に行くことに。栃木駅から蔵の街大通りを歩いて15分ほどの巴波川(うずまがわ)沿いにあります。

横山家は、栃木県特産の「麻」で財を築いた明治期の豪商。その財を元手に金融業も営んだそうです。

横山郷土館

当時、麻は下駄の鼻緒の芯にも使用されていたそうです。

横山郷土館

銀行で使われた道具など

右半分で麻問屋、左半分で銀行が営まれていた両袖切妻造(りょうそできりづまづくり)と呼ばれる建物は、中央の店舗を挟んで、左右対称に石蔵が建てられています。この付近は水害が多かったので、大谷石よりも耐水性の高い鹿沼産の深岩石(ふかいわいし)を使った重厚な石蔵で財産や商品を守っていました。

横山郷土館

文庫蔵にはハイカラな生活の道具がたくさん

梁の木材は、麻問屋側はけやきですが、銀行側には松を用いていて「お客を待つ(松)」という験担ぎをしているのだとか。磨り(すり)ガラスは職人が手作業で一枚一枚磨り上げた、こだわりのある贅沢なつくりです。

横山郷土館

麻の葉模様が美しい磨りガラス

中庭の奥には、ゲストハウスとして使われていたという水色と白のかわいい建物があります。

横山郷土館 ゲストハウス

まるで異国のよう

横山郷土館 ゲストハウス

洋館なのですが、建物内部には畳が敷かれていて、当時の和洋折衷な生活が垣間見られます。

旧栃木町役場庁舎

カラフルな栃木のランドマーク

旧栃木町役場庁舎

鮮やかなミントグリーンの外壁が素敵

横山郷土館から歩いてすぐの「旧栃木町役場庁舎」は、栃木市のシンボリックな建物。訪れる人も多く、三角屋根が特徴で写真映えします。取材時は開館準備中で建物の中は見学することができませんでしたが、2022年4月には「栃木市立文学館」として開館予定だそうです。

日光珈琲 蔵ノ街

こだわりの栃木オリジナルメニューが人気のカフェ

日光珈琲 蔵ノ街

旧栃木町役場庁舎から3分ほど歩き、休憩に立ち寄ったのは「日光珈琲 蔵ノ街」。江戸時代後期建築の「綿忠はきもの店」の見世蔵(※)を改装し、2018年にオープンしました。

※編集部注:土蔵の建築様式の特徴を生かして、店舗や住居として利用した蔵

日光珈琲 蔵ノ街

梁を生かした内装が素敵

大きな梁を生かした吹き抜けに、カウンターのあるエントランススペースがとても良い雰囲気。

日光珈琲 蔵ノ街

一枚板のカウンターに照明の赤がポイント

日光珈琲 蔵ノ街

店内にはアンティークの額縁の浮世絵が江戸情緒を漂わせています。しかし、よく見るとこの絵の中にはマグカップやコーヒーメーカーなどが描き込まれている現代の作品。

これらは美大出身のアーティストで、日光珈琲のスタッフでもある井上淳さんの作品だそうです。江戸時代の建物とシックなインテリア、手の込んだアート作品が見事に溶け込んだ素晴らしい空間で、ついつい長居したくなります。

麹カレー

栃木県産の野菜のピクルスが鮮やか

麹カレーはスパイスを利かせながらも辛すぎない絶妙な味。栃木産のお米・NIPPA米(ニッパマイ)を使ったカレーに合う少し硬めのライスも実に美味。

ガトーショコラ

オリジナルブレンドは4種類

おすすめスイーツのガトーショコラは、甘みを抑えた大人味でコーヒーによく合います。

この麹カレーとガトーショコラは、隠し味に地元栃木の油伝味噌を使っているそうです。

日光珈琲 蔵ノ街

大きな扉を開けると開放的なテラスのよう

とちぎ蔵の街観光館

大きな梁と今も現役のガイシと振り子時計

とちぎ蔵の街観光館

次に、蔵の街大通りと呼ばれる旧日光例幣使街道(にっこうれいへいしかいどう)沿いにある「とちぎ蔵の街観光館」へ。1905年(明治38年)に建てられた麻問屋を、栃木市が指定文化財として保存している建物です。入館無料で気軽に立ち寄れます。

とちぎ蔵の街観光館

3日に一度はネジを巻いているそう

天井には、今では見かけなくなった配線をつなぐガイシがたくさん並び、壁に掛けられた年代物の振り子時計が、定時になるとノスタルジックな音を鳴らします。スタッフに案内してもらった建物の奥にある文庫蔵には桶やおひつ、火鉢、ブリキ製の入れ物など庶⺠的な生活用品が展示されていました。

とちぎ蔵の街観光館

大きな長持や看板などお店の備品も

北エリアの重要伝統的建造物群保存地区にも行きたかったのですが、あっという間に日が傾いてきました。後ろ髪を引かれる思いで宿に向かいます。

栃木駅から小山駅を経由してJR宇都宮駅に到着。この日は宇都宮駅近くのホテルに宿泊しました。

中川染工場

受け継がれる伝統の染物・宮染め

2日目は、染め物工場「中川染工場」へ。宇都宮の伝統工芸品である「宮染め」の作業風景を見学します。

※編集部注:中川染工場の見学は事前予約制。詳しくはこちら

宇都宮駅から徒歩20分程、大谷石の石蔵と染め物を干す大きな櫓(やぐら)が見えてくると、手ぬぐい愛用者の私の期待は膨らみます。

中川染工場

広い敷地にたくさんの作業棟がある

「宮染め」は木綿の一大産地であった栃木県真岡市産の木綿を染めるために、染色職人が宇都宮市の中心を流れる田川の周辺に移り住んだのが始まりなんだとか。染めた後の水洗いに田川の清流が使われています。

工場は、戦前の最盛期には30軒ほど、昭和中頃でも20軒以上あったそうですが、現在では3軒しか残っていないそうです。

染物の型紙

同じ型紙でも色や素材で違う印象に

中川染工場では30代の若手から70代のベテランの職人さんまで総勢17人が、「注染(ちゅうせん)」という伝統的技法で宮染めに携わっています。

注染は、型紙を生地の上に置いて防染のための糊(のり)を付け、たたんだ生地の上から染料をしみ込ませ、生地の両面に絵を浮かび上がらせます。プリントと違って糸の1本1本を染めているので、使い込むと布が柔らかくなり、風通しがよくなるのが特徴だそうです。

工程はいくつかに分かれていて、中川染工場では分業制です。

生地の丸巻きの工程

生地の丸巻きの工程

まず、生地に染料をしみ込みやすくするために、浸透剤につけてから洗い、乾燥させたら、生地を丸くまとめ、圧をかけてしわを伸ばします。

のりを付ける工程

のりを付ける工程

専用の台に生地をのせて、型紙を生地の上に置きます。その上からヘラでのりを付けて、1回ごとに生地を折りたたんでいきます。均一にのりを付けるのは、とても難しいそうです。

染める工程

染める工程

のり付けをした生地の上からヤカンで染料を注ぎ、染めていきます。細かい柄を別の色で染め分けるときは、柄の周りをのりで囲って、その中に染料を注いでいきます。

色の濃さやぼかし具合は職人さんの腕次第。簡単そうに見える作業でも熟練の技が光ります。

生地を洗う工程

生地を洗う工程

染め終わった生地は振り子のような機械に掛け、川から汲み上げた水で4、5回勢いよく洗ってのりを落とし、干して乾燥させます。

その後、手ぬぐいはハサミを入れて(長い生地を切って手ぬぐいの長さにすること)仕上げます。

干された生地

洋服用の生地が干されていました

生地を染める際に使われる布のカバーは、何度も洗って使いまわしています。最初は真っ白だった布もいろいろな柄や色が混じり、絶妙な色合いに。今はない貴重な絵柄が残っている布もあり、見学にきた手ぬぐい好きのツボにハマり、欲しいと言われて困ることもあるそうです。

布のカバー

私も欲しくなった布のカバー

工場を見学して、職人さんたちの技術が詰まった物の良さを、改めて実感しました。

帰りは田川沿いを徒歩で宇都宮駅へ。新幹線に乗る前に、宇都宮駅に隣接する「PASEO(パセオ)」にある栃木県の名産を集めたショップ「とちびより」で中川染工場のオリジナル手ぬぐいを購入することにしました。

中川染工場オリジナルの手ぬぐい

ジャズの街・宇都宮にちなんだジャズバンド柄と伝統の豆絞りを選びました。

今回の栃木への旅は、古い町並みと建物、愛用している手ぬぐいの工場も見学でき、とても有意義で濃厚な列車旅となりました。栃木には古い建物が多く残っているので、次回はほかの町も訪れたいと思います。

東京駅

掲載情報は2022年1月13日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

今回の旅の行程

【1日目】JR東京駅→JR小山駅→JR栃木駅→横山郷土館→旧栃木町役場庁舎→日光珈琲 蔵ノ街→とちぎ蔵の街観光館→JR栃木駅→JR宇都宮駅→ホテル

【2日目】ホテル→中川染工場→JR宇都宮駅/PASEO(パセオ)→JR東京駅

栃木・宇都宮JR+宿泊 JR東日本ホテルメッツ 宇都宮

1泊2日/東京駅⇒小山駅・宇都宮駅⇒東京駅

※商品が0件の場合は検索条件を変更いただき、再検索をお願いします。

この記事をクリップする

この記事を書いた人

石黒美穂子

フォトグラファーとしてインテリア、料理、旅などのライフスタイル系を中心に活動。2016年から生活雑貨のセレクトショップ「MIGO LABO」(東京都目黒区)のディレクターの仕事もスタート。
Instagram:https://www.instagram.com/ishiguromihoko/
MIGO LABO:http://www.migolabo.com

このライターの記事一覧へ

北関東の旅

列車の旅

アンケート企画

みんなで旅のプランをつくろう!
旅レポートを公開

びゅうたび会員とSNSフォロワーのみなさんにご参加いただいた 特別企画の完結編。
地主恵亮さんの青森・仏ヶ浦への旅!

記事を読む

旬の旅

春は桜、夏は高原、秋は紅葉、冬はスキー……
今行きたい、季節ならではの旅の情報が満載です。

みんなの#びゅうたび

読者の皆さんが撮影した「とっておきの一枚」を集めました。
旅先で見つけたあなただけの写真を「#びゅうたび」でぜひ投稿してください!

みんなの投稿を見る

旅をして、
私をバージョンアップしよう

びゅうたびは、自由でお得な列車旅によって、
自分らしい旅をしたい人をエンパワーします。

びゅうたびについて

JR東日本
びゅうダイナミック
レールパック

あなたの旅行のスタイルに合わせて
往復JRと宿泊施設等を自由に組み合わせる
JR東日本のダイナミックパッケージ。

詳しく見る

空いてる
列車宿
一度予約
できる

最短出発当日
往路列車出発前まで、
オンライン予約OK!

きっぷは駅の
指定席券売機
受取れる!

※ご予約日によって同時予約できない場合がございます。

会員登録(無料)すると
記事を11件以上クリップすることができます