有松絞の町・名古屋市有松。絞り体験に江戸風情を楽しむ街歩き 東海

有松絞の町・名古屋市有松。絞り体験に江戸風情を楽しむ街歩き

2022.12.22 東海愛知
written by
POINT

今回の列車旅ポイント

  1. 都内から名古屋へは約1時間半で行ける
  2. 名古屋鉄道・有松駅を基点に街歩きが楽しめる有松地区
  3. JR名古屋駅周辺は、アクセスしやすいホテルが多数

こんにちは。はたみさこと申します。日々、お着物で生活しています。もちろん旅行もお着物で。

「せっかく着物で旅をするなら、風情ある街並みや伝統工芸にも触れたい!」ということで、江戸時代から400年以上続く絞り染め「有松・鳴海絞」(有松絞)の産地として知られ、日本遺産にも認定されている名古屋市の有松地区へ。国の伝統的工芸品にも指定されている有松絞、その伝統と歴史を肌で感じる列車旅に出かけました。

東京駅

東京駅から絞り染めの町「有松」を巡る列車旅へ

東海道新幹線「のぞみ」

久しぶりの列車旅、早起きしてちょっと早めにJR東京駅に到着。東海道新幹線「のぞみ」に乗って、名古屋へ向かいます。

筆者

絞り染めの長襦袢(ながじゅばん)

有松絞にちなんで、絞り染めの長襦袢(着物と肌着の間に着る下着)をコーディネート。旅先に関連するアイテムを身に着けるとワクワク感が倍増します。

袖口からのぞく襦袢をチラチラ眺めつつ、これから始まる旅の妄想を膨らませること約1時間半。あっという間にJR名古屋駅に到着。徒歩5分ほどの名鉄名古屋駅から名鉄名古屋本線で約20分、有松駅に到着です。

有松駅 パンフレット

有松駅には、街歩きに便利なパンフレットも置いてありました。おすすめです。

有松天満社

まずは有松の氏神さまにご挨拶

有松駅から徒歩約10分、「有松天満社」に向かいます。

有松天満社

70段ほどある石階段の両脇には、有松絞で染められた「のぼり旗」が並んでいます。お守り袋も有松絞で素敵でした。

有松天満社

菅原道真公を祀る神廟(しんびょう)には、繊細かつ豪華な装飾が施されていて、目が釘付けになります。早い時間帯だったので、拝殿を独り占め。石階段を上って訪れた甲斐がありました。

カフェダイニング庄九郎

有松絞の開祖「竹田庄九郎」の本家でランチ

有松天満社から歩いて約6分、「カフェダイニング庄九郎」に到着。有松絞の開祖・竹田庄九郎の後裔である竹田家の離れを改装したお店です。

カフェダイニング庄九郎

右奥の照明のカバーとクッションが有松絞!

暖簾をくぐり、なかに入ると、和と洋、歴史と現代が絶妙に調和していて、思わず「素敵!」と声に出してしまいました。随所に有松絞が配された素敵な雰囲気に、お料理を注文するのも忘れて見入ってしまいます。

内装やお料理には、竹田庄九郎の流れをくむ、有松絞問屋「竹田嘉兵衛商店」の七代目の長女であり、お店のオーナーでもある中村俶子さんのこだわりが溢れています。日本の伝統美のなかで生まれ育ったオーナーのお話はとても興味深く、一日中聞いていたいくらいでした。

庄九郎ランチ

庄九郎ランチ

おすすめは、1日限定10食の「庄九郎ランチ」。3種類のアレンジ寿司(ネギトロ・イクラとホタテ・マグロ)・スープ・サラダ・飲み物・茶菓子がセットになっています。味付けは上品で、女性にはちょうど良いボリューム、ビーツのスープも美味しかったです。

庄九郎ランチの茶菓子

飲み物は、お抹茶または、コーヒー、紅茶から選べ、お抹茶を選ぶと地元の和菓子がいただけます。
お料理の器も地元の作家さんのもので、地元愛を感じるおもてなしにうれしくなります。

お腹も心も満たされて、お会計を済ませたところ、オーナーの中村さんより「よかったら隣のお店も見ませんか?」とのご提案。

え⁉︎ うれしい♡

実は、お隣の「竹田家住宅」(現:竹田嘉兵衛商店)も是非訪ねてみたかったのですが、門が閉まっていて営業しているのかわからず、「今日はお休みなのかな?」と思っていたところでした。

竹田家住宅(現:竹田嘉兵衛商店)

有松の伝統的な建物・竹田家住宅

竹田家住宅 外観

市指定有形文化財の竹田家住宅

有松の代表的な家系である竹田家は、江戸時代から続く有松絞の商家です。改築はされていますが、主屋は江戸時代の建築。主屋の豪華な装飾だけでなく、14代将軍徳川家茂が訪れたとされる歴史ある茶室「栽松庵(さいしょうあん)」もあり、その繁栄がうかがえます。

竹田家住宅

江戸時代から続く佇まい

竹田家住宅

明治時代に改築された洋間は、窓枠が額縁のよう

今でも伝統的な町屋建築の美しさが保たれており、日々のお手入れの丁寧さに驚きます。手間暇がかけられた空間は、その場にいるだけで心が清らかになるようです。

なんと、この伝統的な建物では結婚式を挙げることもできるそう。伺った日は、翌日に行われる結婚式の準備中。有松絞の色打掛がとても素敵でした。

有松エリア

江戸の風情と絞り染めに触れる街歩き

有松 河竹小路

河竹小路。素敵な小路を発見

有松の街並みは旧東海道に沿って約800m、ゆっくり歩いても20分ほど。卯達(うだつ)を設けた瓦屋根、虫籠のような虫籠窓(むしこまど)、土で外壁を覆った塗籠造(ぬりごめづくり)など、特徴的な古い商家が続く街並みは、まるで江戸時代の浮世絵さながらの景観です。国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。

橋爪合資会社

橋爪合資会社

橋爪合資会社は、戸袋の文様と色がおしゃれ。

井戸のようなもの

井戸のようなもの

散策中に見つけた井戸(?)の縁にもお花の意匠が⁉︎

服部家住宅 筆者

服部家住宅の前で

服部家住宅」(現:井桁屋)も江戸時代から続く有松絞の商家。敷地の広さは有松のなかでは最大で、愛知県の有形文化財に指定されています。

Cafe T-Ryujyu

「Cafe T-Ryujyu」でひと休み

Cafe T-Ryujyu

散策を楽しんだらひと休み。「Cafe T-Ryujyu」は陽当たりが良く、ナチュラルな雰囲気が落ち着くカフェです。

藍ラテ ガトーショコラ

お目当ては、有松絞の藍色をイメージしたドリンク「藍ラテ」。美肌効果が期待できるというバタフライピー(藍胡蝶)を使っています。かわいすぎる見た目で、インスタ映え間違いなし。オーナーお手製のスイーツは数種類あり、ガトーショコラを注文。甘すぎないので藍ラテとの相性は抜群でした。

藍(愛)チョコ

お店限定「藍(愛)チョコ」はお土産に最適

やさしくてセンスの良い、オーナーの本田さんと、お話しをしながらお茶タイム。有松絞を購入するなら、例年6月に行われる「有松絞りまつり」の時が1番お得、という情報もゲット♪

「街歩き用のお着物をレンタルできるお店ってありますか?」と尋ねてみると、なんと! お友達のお店を紹介してくださることに。

美容室「さらさ」

ご紹介いただいた美容室「さらさ」さんは「CafeT-Ryujyu」から徒歩約5分のところにあります。6月から10月は有松絞の浴衣もレンタル(要予約)されているそうで、お着物好きの店主・みわこさん選りすぐりの有松絞がたくさんありました。ぜひ、お着物で街歩きを楽しんで欲しいです。

みわこさんの笑顔にも癒やされ、有松駅から名鉄名古屋駅へ向かい、駅近くのホテルへチェックインして1日目は終了。

岡家住宅

市指定有形文化財「岡家住宅」を見学

名鉄名古屋駅から再び有松駅へ。今日は、有松絞の伝統的な絞りを体験します!

その前に、駅から徒歩5分くらいのところにある市指定有形文化財「岡家住宅」を見学。有松の伝統的建造物のなかで、主屋の間口は最大級、ほぼ江戸時代末期の建造当時の姿のまま残っているそうです(公開は土・日のみ)。

岡家住宅

岡家住宅は、江戸後期~明治時代の尾張藩士で画家・小田切春江の錦絵『丸屋丈助店先』にも描かれているそう。

岡家住宅

かつては商いに使われていたという広い和室

岡家住宅

神棚の上は高い吹き抜けになっていて開放的

岡家住宅

「湯のし」の古道具

タジン鍋のようなこちらの古道具は、糸でくくった絞りの糸を解いて、お湯の蒸気でシボ(しわ加工)を広げて反物の幅を整える「湯のし」の道具です。レアな道具に出会え、知識が増えました。

幸運にも、竹田家住宅で結婚式を挙げた花嫁さんが、岡家住宅を背景に撮影中のところに遭遇。白無垢姿と街並みがベストマッチでした。

有松・鳴海絞会館

有松絞の歴史と技法を学ぶ

有松・鳴海絞会館

岡家住宅をあとにして徒歩約7分、「有松・鳴海絞会館」へ到着。

有松・鳴海絞会館

さまざまな技法を使った有松絞

1階は有松絞のお土産コーナーになっていて、小物から洋服、浴衣の反物まで、幅広い種類の商品がそろっています。2階は資料館になっており、資料や映像、そして職人さんの実演で、有松絞の歴史や、技法などを学ぶことができます。

有松・鳴海絞会館

職人さんによる絞りの実演

有松絞は世界一技法が多いそうですが、職人さん1人につき1技法で行います。90歳を超えて現役で活躍中の職人さんもいらっしゃるそうです。実演中の職人さんとお話しできるのは、貴重な経験です。

有松・鳴海絞会館

いよいよ、絞り染め体験に挑戦!

歴史や技法を学んだ後は、いよいよ「絞り教室」に参加します(※)。絞りの技法は「くくる」「ぬう」「たたむ」の3つが基本となっていて、今回は、たたむ技法を使った「板締め 雪花絞り」にチャレンジしました。

※編集部注:教室は事前予約制。詳細はこちら

三角形にたたみ、板で挟んだ手拭い

白い手拭いを、丁寧に幾重にも三角形にたたみ、板で挟みます。

染料

板に挟んだ手拭いを好きな色の染料に浸けて、染めていきます。染色は一発勝負、浸す分量や時間、使う色数によっても柄が変わります。

どんな風に染まっているかは、広げてからのお楽しみ。担当してくださったのは、久野剛資先生。なんと、ズボンと靴が絞りのお姿! 有松絞への情熱がほとばしるカッコイイ先生でした。

染め上がった手拭い

染め上がった手拭い

左は一緒に体験した男子高校生の作品。右は私の作品。作品には個性が表れているようです(笑)。作品から伝わるとおり、ワクワク・ドキドキの体験でした。

有松天満社

最後も氏神さまへご挨拶

お天気とご縁に恵まれ、有松を思う存分楽しませていただいたお礼に、もう一度あの石階段を上り有松天満社へ。氏神さまにご挨拶。

有松天満社

門が閉まっていたので、扉越しのご挨拶でしたが、扉をよく見ると、梅の形を発見! こんなところにも胸キュンポイント♪ 最後まで心ときめいて有松をあとにしました。

有松天満社 門

有松駅から名鉄名古屋駅を経由して東海道新幹線で東京駅へ。帰りは東海道新幹線「ひかり」で、有松の余韻に浸りながらゆっくり帰京。カメラに収まった写真は300枚を超えていて、心を動かされる瞬間がたくさんあったと、あらためて感じました。

東京駅

掲載情報は2022年12月22日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

今回の旅の行程

【1日目】JR東京駅→JR名古屋駅→名鉄名古屋駅→有松駅→有松天満社→カフェダイニング庄九郎→竹田家住宅→有松エリア散策→Cafe T-Ryujyu→美容室「さらさ」→有松駅→名鉄名古屋駅(ホテル)

【2日目】名鉄名古屋駅→有松駅→岡家住宅→有松・鳴海絞会館→有松天満社→有松駅→名鉄名古屋駅→JR名古屋駅→JR東京駅

愛知・名古屋市内JR+宿泊 チサン イン 名古屋

1泊2日/東京駅⇔名古屋駅

※商品が0件の場合は検索条件を変更いただき、再検索をお願いします。

この記事をクリップする

この記事を書いた人

はたみさこ

東京都在住。着物ライフアドバイザー。着かた教室やお見立て、お仕立てのご相談など、お着物ライフに関するお手伝いをしています。お客さまとお話をしていると「お着物で旅行に行ってみたい!」というお声を何度も耳にします。そんなご希望が叶うよう、「おすすめ列車旅コース」をご紹介します。ぜひ、お出かけしてみてください。
Instagram:https://www.instagram.com/misa.haru335/

このライターの記事一覧へ

東海の旅

アートの旅

アンケート企画

みんなで旅のプランをつくろう!第二弾は新潟―直江津の旅

会員のみなさまからいただいたアンケート回答をもとに旅をする企画第二弾。
今回は、列車旅でお馴染みの吉川さんが、信越本線に乗車します!

記事を読む

旬の旅

春は桜、夏は高原、秋は紅葉、冬はスキー……
今行きたい、季節ならではの旅の情報が満載です。

みんなの#びゅうたび

読者の皆さんが撮影した「とっておきの一枚」を集めました。
旅先で見つけたあなただけの写真を「#びゅうたび」でぜひ投稿してください!

みんなの投稿を見る

旅をして、
私をバージョンアップしよう

びゅうたびは、自由でお得な列車旅によって、
自分らしい旅をしたい人をエンパワーします。

びゅうたびについて

JR東日本
びゅうダイナミック
レールパック

あなたの旅行のスタイルに合わせて
往復JRと宿泊施設等を自由に組み合わせる
JR東日本のダイナミックパッケージ。

詳しく見る

空いてる
列車宿
一度予約
できる

最短出発当日
往路列車出発前まで、
オンライン予約OK!

きっぷは駅の
指定席券売機
受取れる!

※ご予約日によって同時予約できない場合がございます。

会員登録(無料)すると
記事を11件以上クリップすることができます