箱根の温泉を日帰りで楽しむ!仲良し俳優の2人旅にほっこり♪

箱根の温泉を日帰りで楽しむ!仲良し俳優の2人旅にほっこり♪

皆様こんにちは、俳優の伊藤裕一です。

今年の夏は暑かったですね。うだるような暑さの中、お仕事やお勉強にいそしんだ皆さんはもちろん、何もしていなくても、ダラダラと汗をかいたこの夏。疲れがたまっていませんか?

僕は、とっても疲れました。だけども、なかなか休みが取れない。

合間にマッサージに行くぐらいなら体はなんとかなるけど、心までリフレッシュできない!
そんな疲れ切った僕の目に飛び込んできたのが、【箱根】【日帰り】【温泉】の文字。

日帰り温泉だと? 地獄に仏、夏の疲れに箱根。こんな素敵なものがあるのかと。
これに飛びつかない手はないのであります。


【行程】


伊藤裕一と小多田直樹が2人で箱根へ!

今回の旅のパートナーは、事務所の先輩で公私共にお世話になっている小多田直樹さん。

先輩だけど緊張しない(いいのか?)、そんな間柄の小多田さんと、箱根2人旅へ出発です。

伊藤裕一と小多田直樹の箱根温泉旅

小多田さん(左)と僕(右)

2人にはそれぞれ、「写ルンです」が支給されました。懐かしい! 子どものころの遠足に、よく持って行ったものです。帰るまで仕上がりを確認できないスリル。そして、使い方は簡単なはずなのに、久しぶりすぎてちょっと不安。

よーし! 渾身の箱根ショットを収めるぞ!!

箱根の前に、サクッと小田原城に立ち寄る

温泉も楽しみですが、旅行なんだから、観光もしたい!
途中下車したのは、JR小田原駅。

顔はめパネルを楽しむ伊藤裕一と小多田直樹

小田原駅構内には数種類の顔出しパネルが。吸い寄せられるように顔を出しに行く2人。

顔はめパネルを楽しむ伊藤裕一と小多田直樹

この広い板の中で、顔を出すスペースはめちゃくちゃ近いです。
気になるアイツと密着できるチャンスかも?

そんなこんなですべてのパネルを堪能した僕らが、次に向かったのは……。

小田原城

小田原城

小田原城,写ルンです

撮影 小多田直樹(写ルンです)

写ルンですとオバショットとの相性は抜群ですね。
そして、お城周辺を散策。

写ルンですにズーム機能がないことに、小多田さんが走りだしてから気がつきました

写ルンですにズーム機能がないことに、小多田さんが走りだしてから気がつきました

今回は時間がなくてお城の中には入っていませんが、時間があれば散策したかった!
なので、忍者置いときますね。

小田原城,忍者

多彩な湯めぐりができる湯本富士屋ホテル

小田原の太陽をいっぱい浴びた2人は、もう汗だく。
いよいよ念願のランチと温泉! 小田原駅から箱根登山電車に乗り、箱根湯本駅まで約15分。
湯本富士屋ホテルにやってきました!!

湯本富士屋ホテル

箱根湯本駅から歩いて3分! 途中で川を渡るのもワクワクします。
引きでホテル全景を撮るならば、向かいの山からじゃないと映らない。
そんな大自然の中に悠然とたたずむ湯本富士屋ホテル。

湯本富士屋ホテル

洋室和室のほかに、和洋室、バリアフリーのお部屋もあって、親子三世代での旅行も安心。こちらでランチとお風呂。楽しみです。

湯本富士屋ホテルで大満足のランチ

さて、おなかももうペコペコ。ランチは、日本料理・鮨会席「桂」でいただきます。
天ぷらにお刺し身と、超豪華!

いっただっきまーす!

湯本富士屋ホテル,食事

めっちゃおいしい!

かわいらしい見た目の桃のプリンも付いていて、「桃の味がしっかりしつつ、さっぱり爽やかな味!」と小多田さん。

湯本富士屋ホテル,食事

小多田さんもかわいい

小多田さんのかわいい顔も拝めたところで、今回の旅のメインイベント。
いよいよ温泉へ。

湯本富士屋ホテルの温泉で、日頃の疲れを癒やす

今回は、貸切風呂を堪能させていただきました。「貸切風呂」は日帰りツアーの場合、ツアー代金にプラスして1000円(1室・小サイズ・大人2~3名用)もしくはプラス2000円(1室・大サイズ・大人4~5名用)で利用でき、使用時間は1回45分です。

撮影 伊藤裕一(写ルンです)

撮影 伊藤裕一(写ルンです)

彫刻のような筋肉にかけ湯をして……。
さっそく入浴。

湯本富士屋ホテル,貸切風呂

お湯は無色透明。ここのところ緊張する現場が多かったので、体はきっと硬くなっていたはず。そこにきて、このお風呂はもう、最高ですね。カメラを忘れて、お風呂を楽しむ我々。

なんだか久しぶりに、ホッと一息つけたような気がします。

湯本富士屋ホテル,貸切風呂

貸切だから、こんなことをしても誰も見ていない。この記事は全世界が見ているのだけど(もちろんこの状態で湯舟には浸かってませんよ)。

45分間、たっぷりと温泉を楽しんだ後は、お休み処でちょっと休憩。

湯本富士屋ホテル

畳の部屋って気持ちいいですよね。

今回露天風呂には入っていないのですが、特別に服を着て撮影だけさせていただきました。大浴場はこんな感じです。露天風呂は自然の中で、とっても気持ちよかったです。

湯本富士屋ホテル,露天風呂

箱根の人気カフェ「NARAYA CAFE」

お風呂に入って、さっぱりした我々。
今度は箱根登山電車に乗って、ある場所へと向かいます。

箱根登山鉄道

着いた先は、箱根湯本駅から約30分の宮ノ下駅。写ルンですでのベストショットは、小多田カメラマンがかっさらっていきました。

宮ノ下駅,写ルンです

撮影 小多田直樹(写ルンです)

宮ノ下駅の目の前にある人気のカフェが、こちらの「NARAYA CAFE(ナラヤカフェ)」なんです。

NARAYACAFE

「NARAYA CAFE」名物“足湯”も体験

こちらでは、なんと足湯に浸かりながら、カフェメニューが楽しめちゃうんです。

NARAYA CAFE,足湯

注文したのは「ナラヤパフェ」。

NARAYACAFE,ナラヤパフェ

これは! ソフトクリームの下にはあんこが入っていて、ただのパフェじゃないぞ!!
気になる方は、ぜひ現地に足を運んで……いや、足を浸しに行ってみてください。

伊藤裕一,NARAYA CAFE,写ルンです

撮影 小多田直樹(写ルンです)

そして、名物の足湯に浸かりながら、今回の旅を振り返ります。

小多田直樹,箱根温泉,写ルンです

撮影 伊藤裕一(写ルンです)

この時はまだ、こんなふうに指の入った写真とは知らず、のんきに笑っている僕ら。

日帰りでこんなにも楽しめちゃうのかと、ちょっと感動しました。

箱根の温泉で癒やされて、帰りもゆったり

やっぱり、旅っていいですよね。都会の喧騒から離れて、ゆっくりと時間を過ごす。
いつもと違う空間に身を置くだけで、いろいろなものを新鮮に感じられる。
心のアンテナをチューニングできた気がします。

そして、今回のプランの最高なところが、帰りはグリーン車で帰れるってこと。帰りの電車が混雑していたりすると、なんだかまた疲れちゃいますもんね。

伊藤裕一と小多田直樹の箱根温泉旅

ゆったりぐっすり。
明日も頑張りましょう。
それでは、またお会いしましょう。

伊藤裕一と小多田直樹の箱根温泉旅

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

旅の情報を日々発信中!

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

東北、関東の紅葉の旅

旅の情報を日々発信中!

行くぜ!東北 冬のごほうび、東北旅行
新幹線で行くスキー&スノーボードツアー