南房総で春を先取り! 心躍るフラワーラインと海の幸が贅沢♪

南房総で春を先取り! 心躍るフラワーラインと海の幸が贅沢♪

寒く長い冬に嫌気が差していたところ、「春を先取りする旅の記事を……」とお声がけいただいたので「行きます!」と即お返事をした。

行き先は、千葉県・南房総。たしかに暖かいイメージはある。しかし、皮肉なことに、今回の取材日は全国的に「最強寒波がくる!」と天気予報で叫ばれていた1月中旬。さすがの南房総さんでも、春を先取りってのは、ちょっと厳しいんじゃねぇの? 若干の不安を抱きながら列車へ乗り込んだ。

東京駅から房総特急列車わかしおに乗り、JR安房鴨川駅で下車。

JR安房鴨川駅

駅に着いたら、さっそく駅レンタカーで車をレンタルします。駅レンタカーは旅行のオプショナルプランとしてネットですぐ予約ができます。私も事前予約をしていたので、すんなり借りることができて楽チン。
自分の手柄みたいに書いてますが、私は無免許のため、今回車の手配&運転は、編集部スタッフさんにすべておまかせ!感謝!

駅レンタカーの係の方が、パンフレットを見ながら、オススメのルートや春を感じられそうなスポットを教えてくれました。

駅レンタカー

ご丁寧に色々なオススメスポットを地図に書き込んで教えてくれた!

というわけで、今回は南房総の海沿いを、ぐるりドライブしながら巡ります。

レンタカー(助手席)に乗り込み、いざ出発だー!(運転よろしくお願いします!)

房総らしい潮風がお出迎え! 伊勢エビ丸ごとの贅沢カレー!?

安房鴨川駅を出て小さな商店の並ぶ町を抜けると、すぐに海が見えてきます。

海が見えるとテンションが上がる。どんなに根暗でインドアな私でも、この気持ちにはあらがえない。

道幅が広く開放的な410号線、寒波はどこへやらな快晴、穏やかで青々とした海……根暗でインドアな私の奥底に潜むパーティーガールが、思わず「ウェーイ!」とはしゃぎだすような絶景です。

そんな海を感じられそうな「道の駅ちくら 潮風王国」に、まず行ってみることに。

潮風王国

到着してドーンと目に入ってくるのは、千葉県内有数の漁業町として知られている千倉を象徴する漁船“第一千倉丸”のレプリカ。そして千田海岸を眺めながら歩くことのできるプロムナード。

道の駅ってお土産屋さんが並ぶだけかと思いきや、アミューズメント性抜群。南房総の道の駅はどれも個性派ぞろいで、どこに立ち寄るか迷ってしまいます。

漁船

漁船には乗ることもできます!一番上はかなり高く、けっこうこわい!

ショップも個性的で、鮮魚に干物から、お洒落カフェまで。誘惑がすごいですが、まだ1軒目なのでぐっと我慢。

昼食は国道128号線沿いにある「エビヤカフェ」へ。こちらでは、なんでも伊勢エビを丸ごと使ったカレーが食べられるとか。

エビヤカフェ1

“伊勢エビ丸ごと”とは……? さらにホームページには「※ご予算に応じて伊勢海老の大きさが選べます!」という一文が。
どういうことだ?? 期待と緊張に胸を膨らませ、いざ突撃!

伊勢エビは(大)(中)(小)と、サイズを選べるらしい。いつもなら間違いなく(小)にするけど、今日は取材だ!贅沢旅だ!えぇい!と(中)をオーダー。
サイズを指定すると、「それでは、本日はこちらを……」と、まだ生きた伊勢エビを持ってきてくれました!

エビヤカフェ2

お洒落なカフェ風の店内に、堂々たる活き伊勢エビ! なに、このミスマッチ!

あっという間に調理された先ほどの伊勢エビが、カレーに乗っかり登場。大迫力のこちらが「房州産伊勢エビカレー」です。

エビヤカフェ3

なるほど、たしかに、これは間違いなく「伊勢エビ丸ごと」!

ぷりっぷりの歯ごたえと、口の中に広がる甘み。フルーティーなカレーとの相性も最高。黙々と身をほぐし、パク。パク。

エビヤカフェ4

抜け殻となった伊勢エビちゃんに見守られながら、あっという間に完食です。あぁ、本当に美味しかった。

もしこの記事がたくさん読まれたら、ご褒美に再訪し、勇気を出して(大)を注文しよう。そう心に誓ったのでした。

フラワーパークで“自撮り”連発! そして夕日は絶景ナリ

無知で申し訳ないのですが、房総がお花であふれているということを、今回の旅で初めて知りました。海沿いの道を走っていると、本当にいたるところに「お花畑」「お花摘み」の看板があって驚きます。

そんなお花を堪能しに、関東最南端のリゾート観光施設「白浜フラワーパーク」へ。

白浜フラワーパーク1

ポピーやストックなど数種類のお花に、ジャングル温室まであるこの施設。

さすがにまだ早かったのか、外に咲くお花は少し寂しげでしたが、ハウスの中には可愛らしい金魚草が咲き誇っていました。

白浜フラワーパーク2

白浜フラワーパーク3

ついついカメラのシャッターを押しまくり。「いいね!」がたくさんもらえそうな写真が撮れました。

そろそろ日も傾いてきたところで、最南端の夕日スポット、野島埼灯台へ。

これまで調子よく「寒波?なにそれ?」な旅をしてきたのですが、ここでついに。

article_img_17020301_12

なるほど。まぁまぁ、仕方ない。

灯台をあきらめ、岬の公園へ行くと、同じように夕日を見に来た観光客がたくさんいました。

皆さん、夕日を写真に収めようと、カメラをセッティングして待機中。

なかでもひときわ本格的な設備で撮影に臨んでいた方がいたので、こっそりと同じ場所、近い構図で撮影してみました。

夕日1

……こういうことでいいのでしょうか?

太平洋に沈む夕日、青から赤へのグラデーションは息をのむ美しさ。カシャカシャと鳴るカメラのシャッター音は拍手のようで、今、ここにいる人たちみんなが同じ景色と気持ちを共有しているんだ……と、ちょっと感動してしまいました。変な構図の写真ー!とか思ってごめん。

夕日2

それにしても、本当にきれいだったなぁ……。

宿泊先の「リゾートイン白浜」では、バイキングが想像以上の豪華さで感動!

アワビまでついてきました! 活きが良すぎて、写真がブレるブレる。

リゾートイン白浜

おなかいっぱい幸せいっぱい。さらに海を一望できる温泉で心身ともにリラックスして、気づけば22時すぎには就寝していました。

今回の旅、食事に景色にとさまざまな「贅沢」を味わっていますが、振り返ってみたら、この早寝がなによりの贅沢だったかも。

2日目もお花……プラス、やっぱり魚介です!

2日目も、少し早起きして春を探しに向かいます。

車を走らせていると、さっそく春めいた菜の花でいっぱいの道路が!

菜の花の道路

間近で見ると迫力がすごい!ぜひ実際に足を運んで、体感してみてほしい。

房総フラワーライン」という房総半島の南側を走るこの道路は、1月頃から春までは菜の花、夏はマリーゴールドが道を彩っているのだそう。

菜の花に導かれるように到着したのは「ポピーの里 館山ファミリーパーク」。

館山ファミリーパーク1

7500平方メートルの広大な敷地に、春には10万株100万本のポピーが咲き誇るという、関東最大級の「お花畑」。

7500平方メートル、100万本という規模が大きすぎてピンとこなかったけど、実際に目の前にすると、とんでもない迫力で驚きます。見渡す限り、花!花!花!

館山ファミリーパーク2

館山ファミリーパーク3

昨日の海と同様、どんなに根暗でインドアでも、お花を見るとテンションが上がる。

高めの声で「わぁ〜!」って言っちゃうよそりゃ、女だもの。

館山ファミリーパーク4

自撮りもしちゃうよ、盛れるんだもの。

ここから好きな花をハサミで切って持って帰る。それが“お花摘み”。

お花摘みって正直地味だよなぁって思ってたけど、このだだっ広いお花畑で自由にザクザク摘み取る作業、実際やってみると想像以上に楽しかったです。

article_img_17020301_21

ただ……、ポピーはつぼみを摘むのがルールのため……

館山ファミリーパーク6

なんか!思ってたのと違う!

可愛い花束を持って帰る絵を想像してたのに! なんか違う!

article_img_17020301_23

館山ファミリーパーク8

摘み時はさまざまで、この紫のお花「ストック」は、花びらが開いているものを持ち帰れるそう!

花もいいけど、団子もね。いや、海鮮もね。ということで、2日目の昼食も、またまたインパクト抜群なお食事をいただくことに。

やってきたのは「漁師料理 たてやま

漁師料理 たてやま1

こちらでは、活貝焼きバイキングを楽しむことができます。

サザエもホタテもハマグリもカキも食べ放題! 食べ放題!っていい響き!

漁師料理 たてやま2

漁師料理 たてやま3

地元漁港から直送の新鮮な貝類は、お味が最高なのはもちろんのこと、自分で焼いて食べるスタイルが楽しい! 冬の寒さもなんのその、屋内でぬくぬくBBQ気分を味わえちゃいます。

初体験の貝焼きに、真剣に取り組むこと60分。気づけばバケツいっぱいの殻が。

貝だけでおなかいっぱいになるなんて、なかなかないよなぁ。あぁ、なんという贅沢。

最後はやっぱりスイーツじゃなきゃ♪

最後は春を先取る旅の締めくくりにふさわしい、いちご狩り。

館山観光いちご狩りセンター」へ到着したところで、なんと、雪がチラチラ。そしてチラチラからの、まぁまぁの吹雪。

ゴール目前、この旅もついに寒波に敗れるか……

館山観光いちご狩りセンター1

館山観光いちご狩りセンター2

と思いきや、いちご狩りはビニールハウス内なのでぬくぬく〜! 房総、完全勝利〜!!

貧乏性なので、先ほどの貝もいちごも「何個食べたら元とれるかな……?」とセコイことばかり考えてしまいましたが、そんな心配もいらないくらいバクバク頬張り、堪能しました。

ひとつのハウスに数種類の品種があるので、食べ比べできるのも楽しかったです。

いやぁそれにしても房総って、カラフルで可愛い。海に夕日にお花にいちご……出会うものすべてがフォトジェニック!
カメラを構えずにはいられない!という瞬間がいっぱいの2日間でした。
素敵な写真がたくさん撮れると、旅が終わってからも余韻にたっぷり浸れるのでうれしいですね。帰りの列車の中で写真を見返しながら、ルンルン春気分で東京へと戻ったのでした。

ポピーが咲いた

ちなみに……東京に戻り、厳しい寒さに逆戻りでうんざりしていた頃、摘んできたポピーが見事に開花。つぼみを持ち帰ったおかげで、時間差でこんな喜びが!
満開のポピーとお土産に買ってきたピーナッツバター、房総旅の思い出に囲まれた部屋で、春を待つことにします。

この旅を体験するならこちら

春のびゅうたびダイナミック
新幹線 特急列車で行く お花見・桜ツアー「桜を見に行こう」