七夕まつり

青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり…2018年に行きたい東日本の夏祭り

今年もあっという間に夏がやってきました。夏の風物詩といえば、なんといっても「祭り」! 東日本には個性豊かな祭りがたくさんあります。昨年約280万人の来場者を記録した迫力満点の「青森ねぶた祭」や、仙台市内を彩る七夕飾りが美しい「仙台七夕まつり」など、各地の夏祭りの様子を、現地で撮影された写真や動画とともにご紹介します。

山形花笠まつり(山形県山形市)

艶やかな花笠と力強い掛け声が圧巻!

開催予定:2018年8月5日(日)〜7日(火)

紅花をあしらった笠を持ち、山形市役所中心のメインストリートをあでやかに踊り歩く「山形花笠まつり」。毎年3日間で、来場者数が100万人を超えるほどの人気です。「ヤッショ、マカショ!」という勇ましい掛け声が、なんとも特徴的。約1万人が個性豊かな踊りを一斉に披露する姿は、迫力満点です。グループごとに異なる衣装の美しさも魅力のひとつです。

tomo様

tomo様
@soltfield

【ご本人コメント抜粋】
花笠祭り
思い出に浸りながら…
なかなか良い写真なので、アップ
来年はこの衣装着たいなぁ

【びゅうたび編集部より】
ピンクの衣装がとってもきれい! パレードの最高尾は、花笠踊りを踊りたい人なら誰でも参加可能なんだとか。

urara_f405様

urara_f405様
@urara405

【びゅうたび編集部より】
紅花を思わせる鮮やかなオレンジ色が衣装に映えますね。

<スポット情報>
URL: http://www.mountain-j.com/hanagasa/index.html

仙台七夕まつり(宮城県仙台市)

伊達政宗の時代から続く伝統行事

開催予定:2018年8月6日(月)〜8日(水)

毎年200万人以上の観光客が訪れる「仙台七夕まつり」は、藩祖伊達政宗公の時代から伝統行事として受け継がれている、歴史のある祭り。「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」とともに「東北三大祭」と呼ばれています。期間中は市内中心部のアーケード街が七夕飾りで埋め尽くされ、期間限定の美しい光景が広がります。また、地元のグルメを楽しめる出店やステージイベントなどもあり、七夕ならではの楽しみが盛りだくさんです。

ara様

ara様
@ara919ara

【びゅうたび編集部より】
七夕飾りは風にそよぐと、ますます涼やかさを増しますね。

<スポット情報>
URL: http://www.sendaitanabata.com/

秋田竿燈まつり(秋田県秋田市)

巧みな職人技に圧倒される秋田の伝統行事

開催予定:2018年8月3日(金)〜6日(月)

「秋田竿燈まつり」は、秋田市の中心市街地で行われる、豊作を願うための祭りです。見どころは、稲穂に見立てた「竿燈」を絶妙なバランスで持ち上げる職人芸。技を競う大会「妙技会」が行われ、職人技をじっくり楽しむことができる昼、ちょうちんに明かりがともり、幻想的な光景を眺められる夜。昼夜で違う顔を楽しめるのも魅力です。

Takahiro Ohashi様

Takahiro Ohashi様
@bb.bison

【びゅうたび編集部より】
肩や額など、手を使わずに竿燈を持ち上げる「竿燈妙技」は、まさに職人芸ですね。

<スポット情報>
URL: http://www.kantou.gr.jp/index.htm

盛岡さんさ踊り(岩手県盛岡市)

見て楽しい!踊って楽しい!盛岡の風物詩

開催予定:2018年8月1日(水)〜4日(土)

盛岡市内で開催される「盛岡さんさ踊り」では、力強い太鼓の音と軽快なテンポが魅力の“さんさ踊り”を鑑賞することができます。特に、盛岡市内とその周辺地域で踊られている歴史ある「伝統さんさ踊り」は、地域によって振り付けや衣装が異なるんだそう。パレードでは、それぞれの踊りの違いを楽しむことができます。また、パレード終了後には誰でも自由に参加することができる「輪踊り」も開催され、子どもや観光客に大人気です。

Chisato Kurosuさん(@c.k.terra_chisato)がシェアした投稿

Chisato Kurosu様
@c.k.terra_chisato

【ご本人コメント抜粋】
ミスさんさパレード
ミス太鼓
凄すぎ

【びゅうたび編集部より】
リズミカルな太鼓の音色が心地よいですね♪

_yoppy_さん(@hatakeyama1202)がシェアした投稿

_yoppy_様
@hatakeyama1202

【ご本人コメント抜粋】
かっこいい

【びゅうたび編集部より】
太鼓の音色や掛け声から、会場の熱気が伝わってきます。

<スポット情報>
URL: http://www.sansaodori.jp/

青森ねぶた祭(青森県青森市)

「ラッセーラー」の掛け声と山車が迫力満点

開催予定:2018年8月2日(木)〜7日(火)

毎年8月2日~7日に青森市中心部で行われる「青森ねぶた祭」。昨年は280万人を超える来場者数を記録するなど、多くの観光客が訪れる人気の祭りです。跳人(ハネト)と呼ばれる踊り手が、神話などをモチーフにした山車とともに街を練り歩きます。祭りのフィナーレを飾る、ねぶたの海上運行と花火は必見です(フィナーレは7日に実施予定)。

Takafumi Doi様

Takafumi Doi様
@takafumi467

【ご本人コメント抜粋】
青森は寒いけどねぶたは熱い

【びゅうたび編集部より】
昔話や神話をモチーフにした山車は迫力満点です。

Yuko Kozukaさん(@yukokn)がシェアした投稿

Yuko Kozuka様
@yukokn

【ご本人コメント抜粋】
今年もねぶたまつり!!

【びゅうたび編集部より】
山車の大きさがよくわかる動画です。動くと、迫力がより増しますね!

<スポット情報>
URL: https://www.nebuta.or.jp/

どの祭りも、迫力&見応え満点なものばかり。今年の夏は、東日本の祭りを堪能してみませんか?

旅の情報を日々発信中!

旅の情報を日々発信中!

列車で行く秋旅!紅葉旅行・ツアー2018
びゅう30周年記念!大感謝祭 Late Summer