サイクリスト必見!自転車旅におすすめのコース6選【関東・東北】

自転車旅の醍醐味は、その土地ならではの場所に自らの足で行けること。自力でたどり着いた場所の景色や、そこでしか味わえない地元グルメはまた格別です。

今回は、関東3カ所(栃木2カ所、山梨)、東北3カ所(青森、宮城、福島)の絶景サイクルコースをご紹介。ペダルをこいで、自分だけの景色を見つけに行きませんか?

【日光いろは坂(栃木)】

紅葉が美しい48のカーブ

・中級者向け

いろは坂

日本を代表する美しい紅葉で有名な、日光いろは坂。その名の通り、48のカーブには、「いろはにほへと……」と書かれたいろは歌の看板が立っています。道路は一方通行になっており、四季折々の自然を見ながら、往路は上り坂が、復路は下り坂が楽しめます。

華厳の滝

中禅寺湖からの地表を流れる唯一の流出口、大谷川にある華厳(けごん)の滝も、見逃せない絶景ポイント。轟音を響かせながら、高さ97mから一気に流れ落ちる様子は圧巻です。

<スポット情報>
URL:http://www.nikko-kankou.org/spot/9/

【那須高原(栃木)】

空気が爽やかな高原の街

・初心者・中級者向け

那須高原

那須連山の緑あふれる絶景を楽しみながら走れる、那須高原。アップダウン豊富なヒルクライムと平地サイクリングなど、走力に合わせてさまざまなコースが組めるのが大きな特徴。

那須サイクルベース

那須は自転車の街としても有名で、スタンドのないロードバイクを駐輪できるように、街中の各所にサイクルラックが設置されています。
自転車で那須町を楽しむことをコンセプトに作られた施設、那須サイクルベースでは、各種スポーツバイクのレンタルサービスのほか、サイクリングの相談にも気軽に乗ってもらえます。走る場所に迷ったらココへ行こう!

<スポット情報>
URL: http://www.nasukogen.org

【フルーツライン(山梨)】

富士山を望む絶好の見晴らし。旬の果物も楽しみ! 

・初心者向け

フルーツライン 富士山と桃の花

提供 山梨市観光協会

フルーツラインは、果樹園地帯に延びる眺めの良い農道。桃やぶどう、さくらんぼなどさまざまな果樹が両側に立ち並ぶ道は、信号も少なく、ほどよい起伏で走り応えがあります。富士山と花のコラボレーションも!

桃の家カフェ ラ・ペスカ ピーチジュエル

果物王国山梨のフルーツは必食! 6月から9月まで、桃の季節のみ限定オープンする「桃の家カフェ ラ・ペスカ」の名物「ピーチジュエル」。桃が丸ごと1個以上入ったパフェは、見た目にも鮮やかです。

<スポット情報>
URL:https://www.yamanashi-kankou.jp/
zenryoku/cycling/course/003.html

【奥津軽(青森)】

360度のパノラマが楽しめる!

・上級者向け

竜泊ライン

津軽海峡、日本海、陸奥湾の海岸線沿いに奥津軽をぐるりと一周するチャレンジングなロングコース。晴れた日には、遠く下北半島や北海道を望むことができます。
くねくねと曲がる「竜泊(たつどまり)ライン」を登りきったあとは、最高地点の眺瞰台へ。頂上からは、360度の雄大なパノラマが楽しめます。

十三湖外周

津軽平野の北端にある十三湖の外周は、緑あふれる爽快な一本道が続きます。十三湖の名産であるしじみを使ったしじみラーメンは必食です。
東北新幹線の全線開業により、グッとアクセスも良くなった青森は、近年新たな輪行先として人気急上昇中です。

<スポット情報>
URL:http://www.aptinet.jp/
Detail_display_00000416.html

【宮戸島(宮城)】

松島湾に浮かぶ約260の島を一望!

・初心者向け

大高森からの松島湾

松島湾最大の島・宮戸島は、本州と陸続きになっている陸繋島で、船を使わずともそのまま島を走ることができます。石巻から海岸沿いを走り抜け、野蒜(のびる)周辺を越えると、隆起した摩訶不思議な奇岩が連なっています。
“松島の四大観”のひとつ大高森は、松島湾に浮かぶ260余の島々を一望できる山。自転車を降りて、徒歩で頂上まで登る価値大です。

 東松島市震災復興伝承館

提供:東松島市震災復興伝承館

宮戸島は、東日本大震災の津波被害がとても大きかった場所。旧野蒜駅には東松島市震災復興伝承館も設置されています。

<スポット情報>
URL: http://okumatsushima-kanko.jp/spot/

【磐梯吾妻スカイライン(福島)】

天空の道と秘境湖

・上級者向け

磐梯吾妻スカイライン

平均標高1,350m、最高地点1,622mを誇る磐梯吾妻スカイライン。吾妻連峰を縫う本格的な山岳コースは、“天空の道路”とも呼ばれており、眼下に広がる美しい景色には息をのんでしまうほど。春は雪の回廊、秋は紅葉と、季節折々の絶景を体験できます。

五色沼

ここまで来たら、浄土平にあるカルデラ湖も見に行かなくては! 太陽の光を反射し、エメラルドグリーンに輝く五色沼は、一度は見たい神秘の絶景です。カルデラ湖が見える経山の山頂までは本格的な登り道なので、行かれる際は靴の準備もお忘れなく。

<スポット情報>
URL: https://www.f-kankou.jp/
bandaiazuma-jododairadayori/

一度は走ってみたい、関東・東北の絶景サイクルスポット。走り終えたあとの達成感は、忘れられない旅の思い出になること間違いなしです。

旅の情報を日々発信中!

旅の情報を日々発信中!

列車で行く秋旅!紅葉旅行・ツアー2018
びゅう30周年記念!大感謝祭 Late Summer