桃パフェを求めて福島へ。インスタ映え抜群!桃三昧の旅

こんにちは。フォトジェニックのためならどこへでも駆けつける!浅草育ちのフォトグラファー石井小百合です。

福島に、“思わず写真を撮りたくなっちゃう桃パフェがある”との情報を聞き、胸を躍らせ福島へ出発。

せっかく福島に行くのだから、近隣の駅も散策しようということで、新幹線でお隣の郡山へも行くことに。まずはJR東京駅からやまびこに乗り、郡山駅に到着です。

路線バスで自然の中へエスケープ

福島交通切符

山田原の景色

乗っていたバスを見送る図。「じぃちゃんに会いに来た!」と思わず言いたくなるこの景色

郡山駅から福島交通バス「山田原」行きに乗り、終点で下車。バスを降りるなり、ピンクのお花と小鳥のさえずりがお出迎え。畑や山々に癒やされながら、いざ「ふくしま逢瀬ワイナリー」へ。

洗練されたワイナリー!おいしさの秘訣とは

逢瀬ワイナリー外観

逢瀬ワイナリーをバックに「到着しました〜」の図。うれしさがあふれてます

逢瀬ワイナリー 内観 逢瀬ワイナリー

 

販売所を作り、一般の方が入れるようになったのは2016年11月のこと。
内装も新しく、“無駄なものがない”というシンプルな造りで、とにかく見学しやすい。

逢瀬ワイナリー

福島産のジャムや、食べるラー油も販売されてました!

逢瀬ワイナリー 蒸留機

フルーツのブランデーを作る蒸留機。クラシカルでかっこいい〜!

「ふくしま逢瀬ワイナリー」では、ガラス越しに3つの工房を見学。人気の果実のリキュールを造る工程を教えてもらいました。
例えば家庭で作る梅酒。一般的にはホワイトリカー(甲類焼酎)などの醸造用アルコールに梅を漬けて作るのですが、逢瀬ワイナリーでは、果物のブランデーを使うのだとか。
桃のお酒だったら、桃と桃ブランデーで造る、“超桃なお酒”ということです。

さてさて、お待ちかねのお味見タイム…!

逢瀬ワイナリー 試飲

左から、超桃、超林檎、超梨のリキュール。

まずは桃のリキュール。これ、砂糖入ってないですよね? と思わず聞いてしまったほど、デザート感のある甘み。ソーダ割りはもちろん、紅茶で割っても美味しく飲めるのだそう。

次に林檎のリキュール。キャラメルを想像させるような濃厚感。ほどよい酸味があって、まるでアップルパイを食べているみたいです。

最後の梨は、一番お酒っぽいかんじ。ふわっと抜ける梨の甘みがありつつ、アルコール度数が高いので焼酎好きの方にぴったり。

逢瀬ワイナリー リキュール

お土産に選んだのは、超桃! こと桃のリキュール。

ちなみに葡萄のワインは今年から醸造開始予定で、現在、地元・郡山の契約農家の方と郡山産の葡萄を栽培中なのだとか。ワインを入れる樽に国産の材料を使うなど、今後のワイン造りのために毎日研究を重ねているそう。

こだわりいっぱいな逢瀬ワイナリーの新しいワインも楽しみです!

リキュールを楽しむライター

さっそくおすすめのソーダ割りと紅茶割りをホテルで楽しむ夜

この日は、福島駅近くのホテルに宿泊。楽しみにしていた紅茶割りのお味は、さわやかで上品。ひと口ずつゆっくりと堪能したくなるような、大人の味わい。一方、ソーダ割りは想像していた通り、炭酸との相性がばっちり。これはもう永遠に飲み続けられそう…!(笑)

果実の旨みがギュッと詰まった、スペシャルなリキュールに出合えた1日目。明日の桃パフェへの期待も高まります。

ローカル線に乗って、目指すは桃パフェ!

医王寺前駅

2日目は福島駅からスタート。ローカル線の福島交通飯坂線に乗り、医王寺前駅へ。桃パフェのある「森のガーデン」までは、駅から徒歩約20分。このカフェを運営しているのは、隣接している「まるせい果樹園」。目指すはそこ!

この日は気温30度超えで相当暑いだろうな……と覚悟をしたのですが、自然いっぱいの道は歩いていると気持ちが良く、お散歩気分でまるせい果樹園に到着です。

かずちゃん直売所

大通り沿いに発見「かずちゃん直売所」。ここでは旬の果実やジャムの販売が

まるせい果樹園の桃

さっそく、ピンク色に染まった桃ちゃんとご対面! 美味しそうでありながらかわいらしい存在感

まるせい果樹園の社長

桃にも負けないピンク色のユニフォームで登場した、社長の佐藤さん。見切れてしまってますが、背中には「百姓魂」の3文字。粋!

元はゴルフ場だったこともあり、桃のエリアまで、佐藤さんが運転するゴルフカートで向かいます。果樹園では通り道になる林檎や葡萄などの説明もあり、アトラクション気分で桃の木の下に到着。ゴルフカート、最高。

もぎたてジューシー、人生初の桃狩りに挑戦

桃狩りをするライター

桃をつかみ、クイッと上の方に向けると、簡単に取れた!

もぎたての桃

桃のむき方も教えてもらい、参考になります

青空の下、自分で採った桃を、その場でいただく贅・沢・感……!

美味しい、美味しい──と、パフェの前に、桃を丸々2個完食してしまいました。
もぎたてならではのジューシーさと、果樹園の気持ちいい空間がたまりません。

まるせい果樹園社長、佐藤さん

パワフルで優しい、笑顔の佐藤さん

“とにかくお客さんに楽しんでもらいたい”とおっしゃる佐藤さん。カフェの併設やフルーツ狩りなど、果樹園に来た人に幸せをシェアしたい、という熱い思いを何度も語ってくださいました。

まるせい果樹園 池

まるせい果樹園 池

訪問者を楽しませたい一心で、なんと、池をハート形にDIY。

池には“合鴨(愛ガモ)”や、“鯉(恋)”がいて、なんだかラブがいっぱいな様子。ここで祈れば、恋も叶うかも? …ですが、私は家族の幸せを祈ってきました。

パワフルな佐藤さん自身がパワースポットのような存在なので、ダブルでいいことありそうです。

完熟の桃に感謝!100%桃パフェ

福島「森のガーデン」の桃パフェ

くぅー! 桃よ、そんなに見つめないでおくれ

福島「森のガーデン」の桃パフェ

待ってました!! 1.5個分の桃を贅沢にのせた森のガーデン名物・桃パフェ。桃が器からあふれんばかり。“食べるのが難しい”だなんて、幸せな悩みです。

ジュワッと桃の果汁が滴るところに、生クリームのまろやかさが加わり、おいしさの絶頂!! 自然の旨みが口いっぱいに広がる感覚は、桃にお礼を言いたくなるほどのおいしさでした。……桃、ありがとう!

福島「森のガーデン」の桃パフェとさくらんぼパフェ

実は取材時は、桃パフェは販売開始される直前で、特別に作っていただきました。この時季はさくらんぼのパフェが店頭で販売されていました。2つの旬が並んだ、奇跡のコラボレーションの瞬間。

さくらんぼパフェと桃パフェ

奇跡の瞬間を、佐藤さんもちゃっかり撮影中。

このほかにも、林檎や葡萄、梨など、その時季に採れる旬な果物のパフェが展開されているそうです。
心の声(毎シーズンのパフェを制覇したい…!)

まるせい果樹園 佐藤ご夫妻

ピンクな佐藤ご夫妻に囲まれて。幸せいただきました

桃パフェを食べて佐藤さんご夫妻に会ったら、本当に恋がかなうのでは?  なんて思った帰り道。フォトジェニックを探して出会えたのは、とびきりの桃と、百姓魂をも超える愛いっぱいの果樹園でした。

この旅を体験するならこちら

上記より商品の詳細がご覧いただけます。商品が0件の場合は「検索条件変更・絞り込み」より条件を変更いただき、再度検索をお願いします。

旅の情報を日々発信中!

この冬に行きたいスノボ&スキーの旅

旅の情報を日々発信中!

行くぜ!東北 冬のごほうび、東北旅行
新幹線で行くスキー&スノーボードツアー